家庭犬しつけ訓練士が解説する|犬が好むドッグフードとは?

みなさんは自分の犬が好むドッグフードが何で決まるかをご存知ですか?

この記事では以下の事が分かります!

  1. 犬が何を基準でドッグフードのおいしさを決めているか
  2. 自分の犬が好みのドッグフードを選択できるようになる
  3. 犬の好みだけでなく、健康的である中からドッグフードを選べるようになります

犬は何を基準に好みであるかを決めているか?

匂いが一番!?犬は味覚よりも嗅覚が発達しているから!

タイトルの通り、犬の場合は人間と違って味覚が発達していないため、実はあまり味でおいしさを感じていないと言われています。もちろん「0」という訳ではありませんが、味覚よりも「匂い」を重要視しているようであり、その「匂い」で自分の好みの食べ物であるか?を判断している場合が多いと言われています。

そのため、

食感や歯ごたえも重要な要素!?

もちろん自分自身が犬になった事である訳ではありませんので、詳細は分からない事も多いです。しかし、人間に置き換えても分かる事ではありますが、おいしい食べ物を食べる時は「食感」や「歯ごたえ」というのは、おいしいと判断する上でみなさんも感じている重要な要素であると思います。

「硬くて噛みごたえのある」のが好みであったり、反対に「柔らかくてとろける様な食材」が好みであったりなど、犬にも違いがあります。

ですので、極論は食感や歯ごたえについては試してみないと分からない事も事実です。

粒の大きさは大事!犬の大きさによって与える粒の大きさに注意しよう!

粒の大きさはドッグフード毎に全然違いますよね?でもどれ位の大きさが良いか分からない!

基本的には、ドッグフード毎に記載されているサイズに適した犬に与えるようにすればOKですが、健康に影響があるのでは!?と感じる方もいると思いますので、その疑問のお答えしましょう。

飲み込みやすさに影響する

当たり前ですが、粒が大きすぎると飲み込むためにそれだけ「噛む動作」が必要になってきます。

しかし、犬によっては「あまり噛まない子」が多いですよね?

「あまり噛まない子」に対して大きな粒のタイプのドッグフードを与えてしまうと、もちろん健康に良いとは言えません。どんな影響があるかを下記に説明しています。

消化に影響!噛まないと胃や腸に負担がかかってしまう?

人間にも同じ事が言えますが、犬の場合は腸の長さも人間ほど発達している訳ではありません。

粒が大きいまま飲み込んでしまうとそれだけ「胃」や「腸」で溶かして消化するのに時間がかかります。

つまり、それだけ「体に負担がかかっている」という事なのです。

犬に多い病気などからもドッグフードの選び方が重要であるという事が理解できると思いますので、参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました