犬の病気で多いガンから考える「ドッグフードの選び方」を解説

健康に良いフード紹介

犬の病気で多いガンから考える「ドッグフードの選び方」を解説

犬の病気での死亡率として最も高いガンですが、近年研究によりガン細胞の増殖を抑える事が科学的に可能となってきている事が分かってきています。

人間の場合は食事でガンに効果のある作用などは認められていないため、犬の方が食事療法は進んでいるといえます。

この記事を参考にする事でガンになりにくくなるorガンのなっている犬の食事療法で必要な事が学べます。

結論として

  • 炭水化物(糖質)を控える
  • タンパク質が高いドッグフードを与える
  • 酸化した油は控える
  • サラダ油は取り過ぎないように(オメガ3脂肪酸は良い)
  • ビタミン、ミネラルの摂取バランスを心がける
  • 食事の変更はストレスになるので控える

これらのポイントを抑える事で犬のガンに必要な食事療法について分かります。

必要であればおすすめのドッグフードも最後に紹介してるので参考にしてみてください。

犬の病気による死因の50%はガンであるという事実!

最近は昔に比べてドッグフードや飼い方が変わったため、犬の寿命が延びており、大型犬を除いて10歳を超える犬も珍しくありません。

小型犬の場合は平均14~15歳程度生きると言われており、その中で病気になって亡くなる事も多くなります。

犬の死因ランキング   

1位 ガン  54%     

2位 心臓病 17%    

3位 腎不全 7%     

(日本アニマル倶楽部データ より)

このデータからも分かる通り半数以上はガンが原因のため、日頃からケアや異常がないかを確認する事が重要です。

特に10歳を超えると死亡率や病気にかかる確率が高くなると言われているので、日ごろのケア以外にも検診に行く事もおすすめします。

そもそもガンとは何か?見られる症状や特徴を解説

ガンについて簡単に説明すると

腫瘍には良性と悪性があり、悪性腫瘍の場合を一般的にガンと言います。

ガンには肺ガンや胃ガン、骨肉腫などがさまざまな種類があり

皮膚にできるとしこりができて、消化器のガンであれば吐き気や下痢を、尿路系のガンであれば血尿などの症状として現れます。

ガンはガン細胞が他の細胞の栄養を吸収して増殖を繰り返すため、体重の低下や食欲が減退が見られます。

人間同様、早期発見・早期治療がとても重要

犬のがん細胞の倍加時間は人間が30日程度なのに対し、犬は2~7日と言われています

つまり、人よりも犬のがんは増殖しやすく進行がとても速いため注意が必要です。

ドッグフードを選ぶ時にはガンの栄養源である糖質を控える

ガンは糖質を唯一の栄養源として増殖するため、糖質を控える事で増殖を抑える事に繋がります。

しかし、ドッグフードを選ぶときの栄養表示には糖質の記載はされていません。

ではどうすれば糖質が低いドッグフードを選ぶ事ができるかといえば、ずばりタンパク質が多く含まれているドッグフードを選ぶ事です。

ドッグフードに含まれるたんぱく質の量が多いかをチェックする!

タンパク質の量と炭水化物の量は反比例する関係にありますので、ドッグフードを選ぶポイントとして

タンパク質が多く含まれているドッグフード=炭水化物が少ないドッグフードとなっています。

目安としては、ドッグフードに含まれているたんぱく質の量が35%できれば40%以上のフードであれば含まれている糖質の量が少ないと言えます。

理由としては、たんぱく質の量が多いという事は、総じて含まれる糖質の量が少なくなるためです。

知らないと損!?がんの治療費は高額

話が変わりますが、みなさんガンと診断された場合いくら治療にかかるかをご存じでしょうか?

基本的に、動物の場合は自分で保険をかけていない場合は全額自己負担となります。

そのため、ケガや病気となると高額になってしまうので支払いの際にびっくりされる方も実際多いです。

ガンの手術となると数万円~数十万円、抗がん剤での治療は、1回につき2万~3万円

放射線は1回1万~5万円とムラはありますが、全20回ほど必要なため、おおよそ数十万円以上はかかる計算となります。

また、入院する事もあるため犬種などにより違いますが、1日最低でも2000円~5000円以上が必要となります。

これだけの治療費がかかるのに、ガンにかかる確率も最初に説明したとおり高いため、若い時から食事に気を付ける事を大事だという事が分かると思います。

ガンから考える犬の健康に良いおススメのドッグフードを紹介!

犬心 低糖・低脂質でタンパク質を多く含んだドッグフード

高血圧、高脂血症に対応したドッグフードで

国内製造、自然素材を多用しており、添加物や保存料、着色料などの犬の体に良くないと言われている成分の一切を使っていません。

低脂肪だけでなく、良質な脂肪であるオメガ3系脂肪酸などが多く含まれている。

腸の健康に目を付けた栄養素が含まれている。免疫成分オリゴ糖や乳酸菌など「βグルカン」高含有の花びら茸を配合されています。

免疫力をアップさせる事を考えた構成がされているのが犬の病気にとっても嬉しいポイントです。

また、実際に犬心を利用してみてのリピーター率は95%と使ってみて良かったと思える事が重要。

【犬心 糖&脂コントロール】

特別療法食 みらいのドッグフード 

「糖質制限(低炭水化物)」 「高タンパク質」 「高脂質」 「高オメガ3脂肪酸」 「高アレルギン」

みらいのドッグフードは、これらの要素を全て揃えたレシピになっております。
また、高級鹿肉をメインに使用しており、犬の腸にもおすすめな発酵素材を配合されています。

野生動物の鹿は、良質な高タンパク質&低脂肪で高級肉です。

また、薬となる霊芝やアガリクス、ハナビラタケ、メシマコブなど7種類キノコ類と乳酸菌や酵素など 犬のマクロビオティック思想を導入して、充実した「腸活ドッグフード」となっています。

毎日の食事で癌ケアができるて、 腫瘍になっても諦めない食事療法を提供しています。

実際に利用した人の声もこちらの記事に掲載されているため気になる方は見てみて下さい。

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】

和漢みらいのドッグフード 特別療法食 おやつやサプリも

臨床栄養学と漢方医学から犬の健康を守るための漢方配合の『薬膳ドッグフード』です。

特別療法食は、獣医の監修の元、栄養学的見地から特別に処方された食事であり、 薬事法上も病名、症状に対応する食事となっています。

特定の疾患、病気を持っている場合は【病気別】、 病気が無い場合は【年代別】で最適なドッグフードが選択できるので状態に合わせて選ぶことができるのでおすすめです。

特定の疾患、病気を持っている愛犬用【11種】 腫瘍用、心臓用、腎臓用、肝臓用、膵臓用、胃腸用、糖尿用、結石用、骨関節用、皮膚用、ダイエット用 があります。

病気でない愛犬の場合でも、年代別で選べます。

総合栄養食【2種】 長寿用(幼犬・成犬用[7歳未満])、シニア用(7歳以上の中年・高齢犬用)

全コースに漢方キノコを10種、サプリ成分で36種類以上を高配合しています。

ドッグフードとは別に追加していたサプリや漢方薬をドッグフードに練り込み、 特別な栄養補給をする必要なく、食事だけで完結できるようになりました。

※漢方キノコ…霊芝、アガリクス、メシマコブ、ハナビラタケ、冬虫夏草、タモギダケ、 ヤマブシタケ、チャーガ、マイタケ、カワラタケ、紅豆杉 ※サプリ成分…オルニチン、サチャインチオイル&パウダー(耐熱性オメガ3脂肪酸)、 海藻(フコイダン)、クランベリー、田七人参、高麗人参、納豆菌、カルシウム、 オリゴ糖、ビール酵母、乳酸菌、フェカリス菌(FK-23乳酸菌)、グルコサミン、 MSM、ハトムギ、スピルリナ、発酵野菜、クマザサ、青パパイヤ、プロポリス、 キャッツクロー、紫イモ、秋ウコン、春ウコン、セルロース、イヌリン等

全コース歯みがきサプリ付き(腫瘍以外・腫瘍は亜麻仁油付き) 歯に吸着することで、歯垢歯石を分解。有効成分…グロビゲンPG、フェカリス菌

実績 としても“みらいのドッグフード”楽天ランキング1位を獲得しており、たくさんの方が継続して利用されています。

薬膳ドッグフードと聞くと「薬だから苦そう…」というイメージがあるかもしれませんが

むしろ市販のドッグフードと比べても食いつきが良いように作られているため、食べない心配も少ないです。

食べやすい×健康に良いとよい事づくめとなっています。

【長生きしてほしい!】
『熟成鹿肉』と『マクロビオティック』の強力2大コラボのスペシャル長寿ドッグフード

まとめ

どうでしたか?

ガンの食事療法で押さえるポイントは

  • 炭水化物(糖質)を控える
  • タンパク質が高いドッグフードを与える
  • 酸化した油は控える
  • サラダ油は取り過ぎないように(オメガ3脂肪酸は良い)
  • ビタミン、ミネラルの摂取バランスを心がける
  • 犬の場合はガンが死亡率が50%以上
  • 人間より進行が早い
  • 治療費が高い
  • 日ごろのケアや体調管理が重要
  • 10歳を超えたら検診に行くこと

健康の良いドッグフードは他にもありますが、今回はガンにちなんだ選択のため他にも興味がある方は別の記事を参考にしてください。

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました