問題行動 小型犬の飼い方 犬のしつけ

犬のトイレを失敗させないためのしつけ方法【成犬で覚えてなくても】効果アリ!

犬のトイレを失敗させないためのしつけ方法【成犬で覚えてなくても】効果アリ!

これから子犬を飼う、または愛犬がトイレをちゃんとしてくれなくて困っているという方は必見です。

愛犬がトイレを覚えない事によるデメリットは

  • 早い段階で常時おむつが必要になる
  • 排泄の度に掃除しなきゃいけない
  • 家具が汚れてダメになる
  • 排泄によって家が臭くなる                                                                                                                                                                                                                                

正しいしつけができていると家をキレイにして犬を飼う事によるストレスもなくなります。

成犬になってあちこちでトイレをする癖がついてしまっているから...と諦めている人でもトイレを失敗させないための環境をしっかりと整える事で改善する事が可能です。

犬はもともと学習能力も高いので成犬になったから覚えないという事はありません。

ただし、あちこちでトイレをする事を学習してしまっているので直すためには相応のしつけをする必要があります。

成犬になってからでもトイレを失敗させないようにしつけをする事はできるか?

成犬

成犬になってからでは覚えにくい、今までの癖を治すのはやや根気がいりますが治す事はできます!

しかし、今までと同じ環境では同じ失敗をさせてしまうので今までと違う方法を取る必要があります。

特に環境が大事なので、下記を参考にしてみましょう。

また、以下の方法ではサークルやケージに入れる事を前提にしています。

普段からケージやサークルに入っていない犬にとってはストレスになる可能性も高いです。

なので、まずはトイレのしつけをする前に寝る時など時間を決めてから徐々にサークルやケージに入れるのを慣らしていく事から始めましょう。

その時に吠えて困るという方はこちらの記事を参考にする事でケージやサークルに慣らすための助けになると思います。

記事:愛犬の【留守番中の無駄吠え】対処法まとめ|簡単なしつけ方法も紹介!

なぜトイレを失敗してしまうか?その理由を解説!

首をかしげている犬

購入時の子犬はペットショップの展示ボックスでトイレをする習慣にあるので、家庭に来たらその真っ先にその習慣を治す必要があります。

なぜなら、ペットショップなどで購入した子犬のほとんどはトイレのしつけがされていないからです。

家に迎え入れるまでにはトイレのしつけをするための準備をしておいて、いろんな場所でお漏らしや排泄をさせないようにしましょう。

以下では失敗させないための環境つくりの基本なので参考にしてみて下さい。

愛犬のトイレを失敗させないための環境を整える (準備編)

犬のための環境を整える

まずは犬が普段過ごすためのスペースを準備します。

犬が過ごす事できる広さのサークルや犬用ケージを用意します

その他には

  • ペットシーツを多めに(サイズはワイドでも可)
  • 水を飲める容器
  • 犬のおもちゃ

これくらいで十分です。

余計なものを入れ過ぎない事がポイントです。

そして犬のトイレのしつけをする段階では犬用トイレトレーなどは使用しないようにします。

犬用トイレトレーでトイレをさせたいけど...と思うかもしれませんが、最終的には愛犬にトイレをさせたい方法に変更できるので、最初は以下の方法をおすすめします。

最初はトイレが失敗しやすいのでトレーよりもかなり広く自由に設置できるようにシーツのみを使って調整する方法です。

くわしいペットシーツの敷き方に関しては以下で説明していきます。

犬のトイレの周期を把握しておく(知識編)

トイレをする犬

また、生後2か月齢の子犬は1日6~8回の排尿を繰り返します。

頻尿の理由は膀胱のサイズがまだ小さいこともありますが、膀胱括約筋の力が弱いことも関係してます。

いずれにしても通常の1日3~4回の排尿回数になるまで半年はかかることが多いです。

  • 2か月齢では2~3時間間隔
  • 4か月齢では4時間間隔
  • 6か月齢では6時間間隔

これを目安にトイレに連れていくことが必要です。

だれがしつけをするのか決めておく(準備編②)

しつけをする飼い主

これも非常に重要な事ですが、最初はできる限り付きっきりでしつけをした方が失敗しにくいので早くトイレを覚えます。

特に今まで失敗したことがあるワンちゃんの場合は飼い主がいない時にトイレをする事で怒られないという事を覚えているのでこれは重要なポイントです。

付きっきりでないにしても上記の犬のトイレ間隔を参考にして、そのタイミングでは犬のそばに居るようにしましょう。

そのため、普段仕事をしている人であれば、トイレのしつけを集中して行う最初だけは仕事を休む必要なども出てくると思います。

最初さえしっかりとしつけができると後は楽なのでぜひ検討してみて下さい。

犬のトイレのしつけを失敗させないためのしつけ方法

しつけの方法

犬のしつけで失敗させない事が一番大事な理由として失敗してしまうと間違った学習をしてしまう可能性があるからです。

それに成功した場合は褒めてあげて次に成功する可能性もグンと高くなります。

そこで失敗させた時と成高した時の差が生まれるので確実に失敗しないための環境を整える事が重要な訳です。

しつけをする時のよく失敗してしまいやすい状況として、「大体できるようになってきたから」と一気に難易度を高く設定してしまった時に起こりがちです。

なので、ちょっと無理して失敗させるよりも確実に成功を積み重ねる方がかえって犬に成功する経験を積まる事ができて、確実に上手くなっていく訳です。

そのための方法として重要なのが失敗させない環境を整えつつ以下の褒める方法を使ってトイレの場所を覚えさせましょう。

犬を褒める時の効果的な方法として

  • おやつをあげる
  • 頭を撫でてあげる
  • 「よくできたね!」と大げさに笑顔で声をかける
  • 遊んであげる
  • 体の痒い場所を掻いてあげる

特に今回のトイレを失敗させないための環境で一番重要なご褒美は遊んであげる事です。

ケージやサークルに入っていると犬も自由に走り回れません。

そんな中、しっかりとトイレができた後に外に出して飼い主に遊んで貰えるとなると犬は非常に喜びます。

そうする事で犬は「トイレがきちんとできたら遊んで貰える♪」と学習する訳です。

なので最初は犬にシーツの上でトイレをするという事を徹底的に覚えさせる事からはじめます。

サークルやケージの中でシーツの上でトイレをするとご褒美を貰える!という事を反復して学習させる事で覚える事ができます。

そしてトイレがきちんとできたら「よーし、良く出来た偉い偉い!」と大げさに褒めてあげるのが大事なポイントです。

そして、すかさずオヤツも犬に与えましょう。

そして、落ち着いたら犬をサークルの外に出しておもちゃを使って30分ほど遊ばしてあげましょう。

これを繰り返すと犬は「トイレをシーツの上でするといっぱい良い事がある!」と早くトイレを覚えます。

そのための失敗させないための方法で重要なペットシーツの敷き方を以下で説明します。

犬のトイレを失敗させないための重要ポイント!ペットシーツの敷き方

トイレを失敗させないためのシーツの敷き方

上記のしつけをする上でシーツの量を調整する事がかなり重要です。

最初はトイレトレーを使用せずにシーツを全体に敷き詰めるようにします。

でもトイレの場所が分かってきたら全部敷いていたペットシーツを徐々に減らしていきます。

いきなり減らすと失敗してしまうので全部敷いていたのを3回成功したら1割ずつ減らしていくようにすると良いでしょう。

この要領で最終的にはトイレトレーの上でトイレをするようにしつけていきましょう。

ここまでできたらサークルから出してトイレに誘導する

その後はサークルの外ですごさせるように慣らしていきましょう。

ここまでの段階で犬がどのタイミングでトイレをするかをみなさん分かってくると思います。

なので、トイレのタイミングになったら最初は犬を抱っこするか誘導してトイレまで連れて行きます。

そして、トイレが終わったら同じ要領で褒めてあげます。

これを繰り返すと自分からトイレの方に行くようになります。

犬の立場としても床かシーツの上の2択であれば、シーツの上でトイレをする方が感触的にも良いの感じやすいです。

なので、この方法を取る事でシーツの上が良い事も覚えていくでしょう。

最終的にはおやつをあげる頻度を減らしていって、撫でる、褒めてあげるをメインに行うようにしていきましょう。

ここで注意が必要な事があります。

最終的にはサークルの外でもトイレをする場面が出てくると思いますが、その時にサークル外でトイレをしてします場合です。

なので以下ではトイレを失敗しやすい場面や環境についても説明していきます。

犬は匂いや足の感触で覚えている場合が多い

匂いを嗅ぐ犬

犬がトイレをする時は目からの情報だけでなく、敏感な嗅覚でトイレの匂いを覚えている場合が多いです。

また、足裏の感触でも覚えていると言われています。

なのでペットシーツ以外にもクッションや布団の上など柔らかいものの上でよく排泄をしてしまう経験はないでしょうか?

これらは、足の感覚でトイレを覚えようとしているからです。

トイレのしつけに慣れてきたらコマンドを入力する

コマンドとは号令など合図によって犬に決まった行動をさせるように覚えさせることです。

お座り、伏せ!などが良い例ですね。

トイレもこれと同じ要領で覚えさせることができます。

それは犬がトイレをしている最中に「ワンツー、ワンツー」や

「シーシー」などの決まった声を掛ける事です。

最初は犬に合わせてトイレをする時にこの声をかけて、トイレが終わったらよく褒めてご褒美を与えます。

これを繰り返していくと同じ声をかけると条件反射的にトイレをしたくなったりするようになります。

そうする事で、ある程度は犬にトイレをして欲しい時など誘導する事ができるようになって外出した時など役立つ場面が増えていきます。

犬の主なトイレのサイン

  • 床(地面)の匂いをくんくん嗅ぎはじめる
  • その場をくるくると回りはじめる
  • そわそわする(動きが速くなる、左右に往復する)
  • 肛門あたりがひくひくとする

トイレをするタイミング

  • ご飯や水を飲んだ後
  •  運動した後
  •  寝て起きた後
  •  散歩をする時

トイレのしつけをする上で重要なポイント

失敗してしまった時に犬を叱ってしまいがちですが、犬は叱ってもなぜ怒られているかを理解できない場合はほとんどなので叱る行為だけは絶対にやめましょう。

この時の正しい対処方法は失敗しても怒らずに黙って排泄物を片付ける事です。

もしここで怒ってしまうと「トイレをしたことに怒っている」と勘違いして飼い主の前ではトイレを我慢したり、隠れてトイレをする可能性が増えるからです。

今まであちこちにトイレをしている犬であれば隠れてトイレをしてしまっている事があると思います。

それは飼い主に怒られないための行動を学習してしまっているからであり、隠れてトイレをされるとしつけをする機会も減ってしまうので注意が必要です。

これらのポイントをしっかりと押さえてトイレのトレーニングを行っていきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

-問題行動, 小型犬の飼い方, 犬のしつけ