アレルギー 小型犬の飼い方

犬のアレルギー検査は無駄!?その理由と【痒がる原因の解消方法】まとめ!

犬のアレルギー検査は無駄!?その理由と【痒がる原因の解消方法】まとめ!

犬のアレルギー検査は費用も高いですが、結果が無駄にならないか不安ですよね?

自分も愛犬の柴犬を血液検査でアレルギー反応を見てもらった結果はよく分からずに費用は2万円程かかりました。

結論としては、金銭的に余裕があれば受けてみても良いが、根本的な解決になる可能性は低いと言えます。

今回、そのアレルギーの症状で痒がっている、目ヤニがひどい、抜けが多いといった愛犬のために解消方法をまとめています。

しかし、検査に費用をかけなくてもアレルギーの症状を緩和する事は可能です。

以下では、手軽にできて検査費用よりも安くできる方法を紹介しています。

一般的に言われているアレルギー症状が出ているワンちゃんへの対処法としては

  • ブラッシングを小まめにする
  • ぬるめのお湯で刺激が少ないシャンプーでスキンケアを定期的にする
  • ドッグフードを変更してみる

といった方法があります。

また、検査の内容についても触れているので確認してみて下さい。

そもそもアレルギー症状は原因が多いため「何が原因で痒くなっているか?」それを検査だけで判断する事は難しいです。

これらの対処方法のポイントを以下でまとめているので、参考にしてみて下さい。

アトピー性皮膚炎について

獣医師がアレルギーについて説明

アトピー性皮膚炎は遺伝的な背景を原因とした慢性的なかゆみを伴う皮膚疾患です。

遺伝的に皮膚バリアの機能が弱く、生活環境にアレルギーを持っていることなどがきっかけとなって発症することが多いとされています。

増悪と寛解を繰り返してかゆみのある湿疹を認める皮膚炎です。普通では反応しない抗原となる物質(ハウスダストなど)に対して免疫が過剰反応をする事により起こると言われています。

犬にノミがいる場合は、ノミの唾液に反応してアレルギーが起こります。

一日に数回かく程度であれば様子を見てもいいでしょう。

しかし、同じ場所を頻繁にかく、皮膚が赤くなる、脱毛している場合には一度受診してみてもらう事をおすすめします。

また似た症状としてストレスでも起こる場合もあります。

犬にとって、寒さや暑さ、運動不足、痛みなどがストレスになります。過ごしやすい環境に改善し、適度な運動を行いましょう。

症状

見た目だけではアレルギー性皮膚炎と区別しにくいですが、発症年齢が低く、耳、目の周り、口の周りをかゆがる、指の周りをなめるなどの行動が初期症状としてよく見られます。

特徴として、激しいかゆみと大きめの発疹や脱毛が起こります。

眼や口の周りが赤くなり、身体を掻いてしまうことにより薄毛がみられます。 症状が進行すると、慢性的な皮膚炎により皮膚が厚くガサガサになり、脱毛や腫脹がみられるようになります。

特に

  • 目や口の周囲
  • 耳の穴とその周囲
  • 脇の下
  • お腹

これらの四肢の皮膚が赤くなるかゆみを必ず伴います。

慢性的に皮膚炎が続く場合、皮膚が黒くなったり、厚くなったりします。

皮膚炎には季節性があり、夏はひどく冬は軽くなる傾向にありますが、慢性化すると1年中皮膚炎が続きます。

診断

病歴、症状、アレルギー試験(皮内反応、抗体検査)で診断を行います。他の病気と鑑別するために、病変部の皮膚の一部を採取して病理組織検査を行うこともあります。

治療

抗ヒスタミン剤の内服、ステロイドの内服、免疫抑制剤の内服、食事療法、減感作療法、インターフェロン療法などがあります。

アレルギー症状である食物アレルギーについて

原因

食物中のタンパク質に対してアレルギー反応を示す病気。食物アレルギーの原因で多いのは、牛肉、鶏卵、トウモロコシ、大豆、魚肉があります。しかし、その他の食材でも起こる場合があります。

こちらの記事で他の食材についても紹介しているので参考にしてみて下さい。

記事:ドッグフードの”アレ”が原因?犬のアレルギー症状と対策方法まとめ!

症状

かゆみを伴う皮膚炎が口や目の周囲、耳、背部、腹部、四肢に見られます。症状が似ているのでそれだけで鑑別する事は難しいと言えます。

診断

アレルギー試験(皮内反応、抗体検査)を行います。普段食べていないタンパク質で作られた除去食を与えて皮膚炎が治まるかどうか確認します。

皮膚炎が治まってからしばらくして、皮膚炎の原因食物を与えて皮膚炎が再発するかどうか調べる方法があります。

治療

根本的な治療は原因となる食物を与えないことです。対症療法としてはアトピー性皮膚炎と一緒です。

アレルギー検査の種類と内容について

アレルギーの検査について

皮膚生検

皮膚炎が生じている皮膚を6~8mm切り取り、外部機関に送り病理検査をします。鎮静処置と局部麻酔を実施し、後日抜糸も必要となります。

パッチテスト

皮内反応試験と似ていますが、皮内反応試験では即時型アレルギーを調べるのに対し、パッチテストでは遅延型アレルギーを調べます。

アレルゲン特異的IgE検査

アレルギー性皮膚炎が疑われる場合に最も実施されるアレルギー検査です。採血し、血液中のIgE抗体がどのアレルゲンに反応するのかを、血清を外部の検査機関に送り調べます。実施している病院は多いですが、検査機関によって感度はさまざまであり、実際はアレルギーがない犬でも陽性反応が出てしまうこともあります。

採血した血液によって40〜100種類など、一度に多くの種類の検査をすることが可能です。

草や雑草、花粉、樹木、カビ、ハウスダストや動物の被毛、タバコ、昆虫、食物などの項目内で細かく種類が設定されています。

アレルギー強度検査

血液中のリンパ球の値を見て、体内で起きているアレルギー反応の強さを調べることができます。

こちらはアレルゲンを調べるものではなく、体内でアレルギー反応の有無を採血した血液で調べます。

結果しだいで、アレルゲン特異的IgE検査やリンパ球反応試験を行い、アレルゲンを精査していきます。

リンパ球反応試験

食物に対する検査で、血液からリンパ球を分離しこれをアレルゲンと混ぜて培養しリンパ球がどの程度増えたかを見ます。食物アレルギーの約7割はリンパ球が関与しているといわれています。

採血した血液によって牛肉、豚肉、鶏肉、卵白、トウモロコシ、大豆といった主要食に対するアレルゲンや、羊肉、七面鳥、アヒル、ナマズ、ジャガイモといった療法食アレルゲンなどを調べることができます。

除去食試験

これまで食べていた食物アレルゲンを除去し、アレルギー症状の改善が見られるかを調べます。こちらの方法では少なくとも1か月はアレルゲンを除去した療法食と水のみで観察する必要があるので、長い時間と飼い主と犬双方の根気が必要です。

これまで食べたことのない新奇タンパク質フード(ダック、ラム、カンガルー、ナマズなど)やタンパク質を細かく分解した加水分解タンパク質フード、家庭食など、アレルギー反応を起こす可能性の低い食べ物を1カ月与えて、症状の変化を見ます。

症状が改善すればこれまで食べていたドッグフードにアレルゲンがあったということになります。

こちらの記事でアレルギー症状に対してのドッグフードの選び方とおすすめのドッグフードも紹介しているので、参考にしてみて下さい。

記事:犬のエサでアレルギー症状が出にくいのは?おすすめのドッグフードを紹介!

各種検査のかかる時間まとめ

  • アレルギー強度試験:1〜2週間
  • 皮内反応試験:15分
  • アレルゲン特異的IgE検査:1〜2週間
  • リンパ球反応試験:1〜2週間
  • 皮膚生検:1〜2週間
  • 除去食試験:最低1カ月

外注して病理検査などを行う場合には日数がかかりますが、基本的には病院内で行える検査については数分~時間程度となっています。

除去食試験についてはおすすめのドッグフードを試すので最低でも1か月とかなり根気がいります。

それぞれの検査にかかる費用まとめ

おおよそ1万円~3万円程度かかります。

詳細についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。

犬のアレルギー検査が無駄だと感じる理由について

上記で紹介している検査方法について、血液検査をする事で何の反応が高いかを検査します。

しかし、一概にこの結果が高いからこれが原因でアレルギー症状が出ている訳ではないからです。

検査された事がある方は病院でこのような説明を受けると思います。

もちろん、検査内容が陽性であれば、その原因となるものを試しに除去する方法はやってみる価値はあります。

しかし、多くの場合はそれでも改善しない事の方が多いのでアレルギーの検査が無駄だと感じやすい傾向にあります。

何しろ一回の血液検査で平均2万円程度の費用が必要になる訳だからです。

考えて見ると、2万円程度出すのであれば、違うアレルギーが出にくいと言われているドッグフードを色々と試してみる事ができるからです。

ちなみに食べ物が原因でアレルギーが出る場合には、アレルギーが出やすい原材料があります。

こちらにその原材料についてまとめているので参考にしてみて下さい。

記事:ドッグフードの”アレ”が原因?犬のアレルギー症状と対策方法まとめ!

【まとめ】

-アレルギー, 小型犬の飼い方