問題行動 犬のしつけ 食べない場合の対処法

愛犬がドッグフードを食べないのはわがままが原因!?対処法を紹介

愛犬がドッグフードを食べないのはわがままが原因!?対処法を紹介

愛犬が病気や体調不良でないにドッグフードを食べない原因は「わがまま」である場合が多いです。

そのわがままにさせてしまう行動とは

  • 普段からおやつを多く与えている
  • 人の食べ物を与えている
  • ドッグフードをよく変更している
  • 必ずドッグフードにトッピングしている
  • ご飯を食べない時は愛犬に構っている

普段これらの行動をとってしまっているといつの間にか犬をわがままな性格になっているかもしれません。

今回は根本的な解決方法として、普段からドッグフードの上げ方やしつけを見直す事でドッグフードが食べてくれるようになる方法をテーマに話ていきたいと思います。

わがままが原因でドッグフードを食べない場合の対処法として

  • おやつの量やあげるタイミングでしつけをする
  • 人の食べ物は与えない
  • ドッグフードを食べなくてもすぐには変更しない
  • トッピング以外の工夫をする
  • ご飯中は犬に構わない
  • 食べない時にはご飯を下げる
  • 散歩や遊びで運動量を増やす

これらの方法の注意点として、いきなりではなく少しづつ変えていく事、また長時間何も食べない事による低栄養状態は控えるようにしましょう。

長く続く場合は一度お近くの獣医さんに見てもらいましょう。

以上の方法はすでに試してみたけど...と思われる方も、正しいタイミングや方法が重要ですのでぜひ参考にしてみて下さい。

わがままにさせやすい行動の理由を解説!

わがままにさせやすい行動、その原因について知る事で困った時には自分でも臨機応変に対処できるようになります。

以下のわがままにさせやすい行動の解説をしていますが、全てに共通している事は

ズバリ普段の行動の中で気づかない内に犬へ主導権を与えてしまっていている事。つまり犬自身「自分の方が偉いという事」を刷り込ませてしまっている事にあります。

犬は本能的な部分も強いので、人間よりも行動から相手の意思をくみ取るやすいので以下の行動を見てみてください。

普段からおやつを多く与えすぎている

犬にとってのおやつは嗜好性が高いのでおいしいと感じやすいように作られています。

しかし、おやつに含まれる栄養化は決して高くないばかりでなく、カロリーも高く栄養バランスが偏りやすいです。

なので、おやつをあげる場合には「1日に必要なカロリー量」を全体の1割程度に抑えるようにしましょう。

話がそれましたが、おやつは与えすぎるとドッグフードよりおいしくてお腹も膨れます。

なのでドッグフードは食べたくないけど、おやつは食べいという気持ちになる訳です。

そうすると犬の心理としては「おいしくないドッグフードを食べずに我慢すれば、いつかおやつをくれる!」という事を学習してしまいます。

そのため、犬のおやつはしつけ用として使用したり、毎日はあげないようにする事で「お腹が空く」のでドッグフードを食べるようになります。

人の食べ物を与えている

これもドッグフードよりも人間の食べ物の方がおいしいというだけでなく、犬にとって塩分を取り過ぎてしまい病気にさせてしまう事も問題です。

一度おいしい食べ物を知ってしまうとおいしくない物は食べたがりません。

もちろん、毎日手作りで犬のご飯を準備できる方には良いでしょうが、手作りドッグフードは栄養バランスも偏りやすいので、相応の知識が必要になります。

また、毎日ご飯を準備するのは手間もかかりますし、費用も掛かってしまいます。

そういった方には、普段からドッグフードを食べさせた方が犬にとっても幸せといえるでしょう。

必ずドッグフードにトッピングしている

犬用としてチーズやカツオ節などトッピングの種類は多くありますが、これもおやつと一緒で嗜好性が高いです。

なので、トッピングなしではドッグフードを食べない原因になるだけでなく、犬が催促してくるようになります。

わがままにさせてしまう原因となります。

食べない時には毎回構っている

甘えんぼの犬に多いですが、普段からご飯中に構ったり、食べない場合に「どうしたの?」といった感じで心配していると、犬は構ってもらっている事が嬉しくて、もっと構ってほしいという時にわざとドッグフードを食べないといった行動を取ってしまいます。

そうする事で構ってもらえるという事を学習してしまいます。

中には仮病を使って具合が悪くなったフリをするワンちゃんまでいる位です。

ドッグフードをよく変更する

ドッグフードの食いつきが良くないからとすぐに変更していませんか?

犬側からすると「ちょっと我慢すると違うドッグフードをくれる!」という事を学習してしまいます。

また、自分がご飯を食べなければ違うご飯を準備してくれるという事で犬の気持ちを増長させてしまい、わがままにさせてしまう事へと繋がります。

なので、ドッグフードを食べない場合には以下の対処法を参考にしてみて下さい。

対処法を紹介

おやつの上げ方を変える

おやつをあげるタイミングは基本的にしつけをするタイミングのみにしましょう。

そうする事で「いう事を聞けばおやつが貰える」と飼い主がリーダーだと認識するようになります。

また、基本のしつけがしっかりとできるようになる事で適切なタイミングで言う事を聞いてくれる賢い犬にもなってくれるでしょう。

このおやつを使ったしつけについて知りたい方は別の記事にまとめているので参考にしてみて下さい。

犬に人の食べ物は与えない

先に説明した通り犬にとって人間の食事は塩分量が多すぎます。

特に犬や猫は腎臓が弱く、塩分量が多いと慢性腎臓病や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。

これらの病気にかかると必ずといって良いほど長生きはできないのでやめる事をおすすめします。

自分達がご飯を食べている時に犬もそばに居るとどうしても催促してあげたくなってしまうので、重要な事はご飯中は犬が近くに来れないように仕切りをしたり、ケージに入れるようにする事です。

また、ドッグフードの上げ方についても食いつきがあまりよくないでしたら、同じドッグフードでも食いつきが良くなる方法もありますので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ドッグフードをすぐに変更しない

ドッグフードによって犬の好みがあるので、ある程度は犬の好みに合わせたドッグフードを選んであげる事は大事です。

しかし、犬の中には一定期間同じドッグフードを食べると味に飽きて食べなくなってしまう事があります。

そんな時にはトッピングや運動量を調整する事で根本的にお腹を減らす事でドッグフードを食べるように持っていきましょう。

ただし、トッピングも毎回する事で効果も薄れるのでできればそれ以外の方法をおすすめします。

ドッグフードにトッピング以外の食べやすい工夫をする

人間もそうですが、ご飯が温かい方がおいしく感じるように犬にとってもドッグフードを温めてあげる事は有効です。

また、犬の場合は味覚は乏しくその分嗅覚が発達しているため、味覚よりも嗅覚に訴える方法がベターです。

しっかりとお腹を減らした状態で温めてドッグフードの匂いを引き立たせてあげるようにする事で食いつきは格段によくなるでしょう。

犬がご飯を食べている時には構わない

基本的に犬はご飯を食べている最中にかまわれる事を嫌います。

しかし、犬の中には甘えん坊で「もっと構ってほしい」と感じている犬はあえてご飯を食べないという行動を取る事があります。

そうする事で「飼い主が心配してくれるから」という事を犬自身が今までの経験から知っているからです。

ご飯を食べていないと「どうしたの?」と犬を心配したり撫でたりせずに、ご飯を一度下げてその後も必要以上に構わないようにするようにしましょう。

これを続けていると「ご飯を食べなくても別に構ってくれない」と犬も学習します。

ただし、根本的には寂しいと感じていたり、もっと構ってほしいという気持ちがある証拠でもあるので、ご飯の時以外にはしっかりとスキンシップを取ってあげたり、遊んであげたりしてバランスを取るようにしましょう。

食べない時は1度ご飯を下げる

ドッグフードを与えてから一度にドッグフードを食べない犬は結構います。

その時、「全部食べていないから...」とそのまま容器ごと出しっぱなしにしておくと

「好きな時に後でまた食べれるから!」と犬が学習してしまいます。

そのため、ある程度して食べなくなった時には一度容器ごとドッグフードを下げるようにしましょう。

そうする事で「食べておかないとご飯が食べれない」という事を学習しますし、飼い主がご飯を与える権利を持っている事を犬に植え付ける事ができます。

犬はもともとリーダーが食事を与える権限があった名残があるので、これをしっかりと守る事でわがままな心を抑える根本的な方法となり得ます。

散歩や遊びといった運動量を調整する

あたり前ですが、犬もお腹が減っていない状態でご飯を食べてもおいしいとは感じません。

今飼われえている犬種の適切な散歩の量はきちんと確保できているでしょうか?

お腹が減れば自然とご飯を食べたいと思う根本的な解決方法ともなり得ますし、運動をする事でストレスの軽減にも繋がります。

意外とストレスが原因でご飯を食べなくなっている事も犬の場合はありますので、一度ストレスを抱えていないかのチェックもしてみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的な事ではありますが、これがしっかりとできていないと犬をわがままにさせてしまいやすく、犬本位にさせてしまうので結果としておいしいドッグフードやおやつを催促してきてしまい、ドッグフードを食べないという事になりえます。

運動量や普段のしつけを見直しつつ、それでも食べない場合にはドッグフードを徐々に変更していく事も検討していくのが良いと思われます。

根本的にわがままな性格になってしまいっていると治すのは大変ですが、普段のしつけからしっかりと見直す事で改善が図れると思います。

-問題行動, 犬のしつけ, 食べない場合の対処法