おすすめドッグフード 小型犬の飼い方

小型犬の平均寿命と【長生きの秘訣】を紹介!絶対にダメな〇〇とは!?

小型犬の平均寿命と【長生きの秘訣】を紹介!絶対にダメな〇〇とは!?

愛犬は人生の最高のパートーナ―ですが平均何年くらい生きるか気になりますよね?

2021年での犬の平均寿命は14.65歳と年々寿命が伸びている傾向にあり

  • ドッグフードの質が向上した
  • 動物病院などの医療技術が発達した
  • 室内飼いが増えて環境が良くなった

といった事が要因として考えられます。

サイズ別で見ると

  • 超小型犬は15.30歳
  • 小型犬は14.05歳
  • 中・大型犬は13.52歳

小型犬の方がやや平均寿命が長い傾向にある事が分かります。

しかし、世界的には29歳まで生きた犬もいて平均寿命のじつに2倍も長生きしている事になります。

人間は平均寿命と最高齢を比較しても2倍の差はないので、長生きできるための健康の秘訣がある事がうかがえます。

共通点として長生きしている犬は

  • 食生活に気を使っている
  • 運動を適切な量行っている
  • ストレスを掛けないための工夫をしている
  • 歯の健康維持を行っている

という共通点がありました。

以下では、犬の年齢と成長段階(ライフステージ)だけではなく、長生きできるための秘訣をまとめています。

また、これだけはやってはいけないNG行為もあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

小型犬でみる人間と比較した年齢の早見表

小型犬の年齢を人間で当てはめた場合での早見表です。2年経って24歳になるまでは歳のとり方が早めです。

しかし24歳以降は、1年ごとに4歳ずつしか歳をとっていない計算であり、小型犬の場合は大型犬と比較すると歳を取るのは遅いと言われています。

小型犬 年齢の早見表

1ヶ月:1歳  2ヶ月:3歳  3ヶ月:5歳  6ヶ月:9歳  9ヶ月:13歳

1年   17歳   2年  24歳  3年   28歳   4年   32歳   5年   36歳

6年 40歳   7年   44歳  8年   48歳   9年   52歳  10年 56歳

11年 60歳   12年 64歳  13年 68歳   14年 72歳  15年 76歳

小型犬と中型犬のライフステージ

子犬期の重要性を紹介!

上記の年齢早見表でいうところの生後1年で犬は17歳になることになります。

なので、しつけはよく1歳までが重要と言われるのもこれが原因です。

生後3ヶ月までは子犬の社会化期と言われ、さまざまな物事の恐怖心がないためこの時期までの色々な事を経験させる事で犬が大人になった時に良いと言われています。

青年期に気を付けておくことは?

シニア期は何歳から?

一般的に7歳頃からシニア期高齢犬になると言われています。

小型犬は2歳になるまでのスピードが早い代わりに、以降の成長スピードは緩やかになります。

そのためシニア期に入るのも遅めで、大体7歳頃から高齢犬と呼ばれ始めます。

2年目以降は、小型犬は1年に4歳ずつ、中型犬は年に5歳ずつ歳をとります。一方、大型犬は、年に7歳ずつ歳をとるといわれています。

人間のシニア層は、およそ65歳以上と言われていますが、犬の場合は人間年齢の40歳前後がシニア期にあたります。

小型犬、中型犬は6歳から7歳になるとシニア期と言いましたが、身体的には徐々に弱ってきて、動きにくい、疲れやすいのであまり動かないといった違いが見られてくる時期です。

ただし、個体差はあるので10歳になっても元気いっぱいなワンちゃんも中にはいらっしゃいます。

その後、11歳から12歳頃から高齢期(老齢期)になります。

小型犬の平均的な寿命

小型犬の平均寿命は、13〜14歳ほどといわれています。

早見表を見てみると、68〜72歳くらいにあたります。

あくまでも「平均」なので、もっと長生きする子もたくさんいます。

小型犬にあたる犬種を紹介

  • チワワ
  • ミニチュアダックスフンド
  • トイプードル
  • パグ
  • ヨークシャテリア
  • マルチーズ
  • パピヨン
  • シーズー

小型犬は室内飼育や手入れのしやすさ、金銭的な面でも飼いやすいというのがポイントですね。

こちらの記事では小型犬の犬種の特徴や飼いやすいポイントをまとめているので参考にしてみて下さい。

記事:小型犬の中で人気な犬種はどれ?【2022年最新版】飼いやすさと特徴も紹介!

小型犬の犬種毎の平均寿命ランキング

トイ・プードルで、15.2歳MIX犬は身体が丈夫で長生きしやすいといわれていますが、体重10キログラム未満の犬も10〜20キログラムの犬も平均寿命は14.6歳

  • 位・・・イタリアン・グレーハウンド(平均15.1歳)
  • 位・・・ミニチュア・ダックスフンド(平均14.7歳)
  • 位・・・トイ・プードル(平均14.7歳)
  • 位・・・柴犬(平均14.5歳)
  • 位・・・パピヨン(平均14.4歳)

犬のギネス世界記録である長寿犬は29歳のラブラドールレトリバー

犬の長寿記録はイギリスのラブラトール・レトリバー系雑種のベラ号です。年齢は29歳193日です。

大型犬は平均寿命は短いので驚きの記録ですが、生活スタイルにも気を使っていたようです。

ちなみに日本で一番の長寿犬は、栃木県の一般家庭で育った雑種のプースケ号であり、老衰で満26歳でした。

人間年齢に換算すると125歳という大長寿で、ギネスブックによると世界歴代9位の長寿犬となっています。

犬の平均寿命は延びてきている

人間と同様に、犬の平均寿命は延びており上の表では平均12~15歳程度でした。

長生きできるようになった理由は冒頭でも書いてますが

  • ドッグフードの質が向上した
  • 動物病院などの医療技術が発達した
  • 室内飼いが増えて環境が良くなった

これらの要因が大きいですが、これらを細かくみていくと長生きできるための秘訣が分かると思います。

また、長寿犬であった犬にもじつは共通している点があったので紹介します。

犬が長生きできるための秘訣まとめ

以下ではどうすれば愛犬が長生きする事ができるか?という事を細かく分けて説明しています。

「今まで特に意識してなかった!」という方がいればぜひ実践してみて下さい。

犬のご飯にこだわっている

現在の年齢、身体、生活環境に合った栄養素をしっかりと与えることが大切です。

手作りドッグフードの場合は、必要な栄養素やカロリーの計算を行った上で作る必要があります。

カロリーの計算方法はこちら

市販のドッグフードを与える場合には、年齢層や犬種ごとに販売しています。また、個々の特性や体質、原材料にこだわったドッグフードも出てきています。

ドッグフード選びのコツについてはこちらの記事を参照ください。

記事:【完全版】愛犬におすすめなドッグフードの選び方まとめ

成長期に合わせたフードを選ぶ事

ドッグフードを与える場合、子犬期、成長期、シニア期(高齢期)によって体に必要な栄養素が変わってきます。

  • 子犬期:身体的に発達する段階のため、骨や筋肉をつくるタンパク質や脂質なども多めでよいです。
  • 青年期:添加物や化学調味料といったものを与えすぎない事が重要です。
  • シニア期:内臓などの消化器官にあまり負担をかけないように脂質量は少なく、消化しやすい原材料が含まれているものが好ましいです。また、高タンパク質で筋肉など体をつくる栄養素が多く含まれているものが推奨されます。

犬が高齢になったら時に注意する事

シニア犬になると、まず、運動能力や活動量の低下がみられます。

筋肉量が減少する事や加齢に伴う関節への負担が増大する事により、慢性的な関節炎に繋がります。それに伴い、段差の昇り降りや滑る床での歩行で、急に悪化することがあります。

年を取ると寝ていることが多くなったり、反応が鈍くなったりするのは当たり前のように思えますが、骨・関節疾患、心臓疾患や内分泌疾患が関係している可能性もあります。血液検査、レントゲンやエコー検査で診断することができますので、老化と決めつけずに動物病院を受診してください。

次に食欲の低下、食べ方の変化が見られ始めます。それに伴い体重や筋肉の減少があるときは、歯周病や肝臓・腎臓疾患、さらに腫瘍の可能性も疑います。

こちらの記事では食いつきがよくない場合の時に使えるトッピング方法をまとめているので、気になるかたはチェックしてみて下さい。

記事:犬の食いつきが良いおすすめトッピング方法|ドッグフードを食べない時の対処法まとめ

適度な運動を心がける

毎日の散歩など、適度な運動をする事で心肺機能や筋肉や関節を強くする事ができます。

また、犬の場合は特にストレスの軽減にも繋がります。

散歩を日課にしていると、「今日は元気がない」といったことから体調不良に早く気付くことが出来ます。

犬の健康を意識した筋肉重要なのは後ろ足の筋肉

特に小型犬の場合は構造上弱い部分や筋肉がつきにくい所があります。

人間でもそうですが、足腰が弱くなると健康ではいられません。

そのためになるべく若い段階からの身体作りが重要です。

高齢犬がケガをしない環境を用意する

ケガをすると若いうちは大丈夫でも年をとるとその部分に痛みが生じたり、どうしても弱ってくる原因になります。

また、犬は足を怪我する割合が多いのですが、足を怪我すると年をとった時に足腰が弱くなる原因になります。なので、ケガをさせないための環境作りをする必要があります。

簡単な方法としては

  • クッションフロアを敷く
  • 滑り止めを敷く
  • 犬の抱っこの仕方を気を付ける

これらをしておく事でケガの予防になります。

若い段階で歯のケアをしている

人間でも同様に健康な歯が大事だと言われていますが、犬も歯が長生きするために重要な要素です。

ブラシや布、犬用の歯みがき以外にも、最近ではデンタルケアグッズも色々な種類があります。

犬によっては歯磨きがしにくいワンちゃんもいますので、おもちゃや食べるだけで歯石が除去できるようなものもあります。

内臓疾患などがある犬の口臭は臭いので、チェックをしてみて下さい。

犬種毎の病気になりやすい特徴を理解する

犬種によって弱点があり、かかりやすい病気や弱い所をカバーするように食事や運動で補ってあげる事が重要です。

  • トイ・プードル ・・・骨折(前肢)、涙やけ、白内障
  • チワワ ・・・弁膜症などの心臓疾患、気管虚脱
  • ミニチュア・ダックスフンド ・・・椎間板ヘルニア、歯根膿瘍
  • 柴犬 ・・・皮膚炎、緑内障
  • ポメラニアン ・・・気管虚脱、骨折(前肢)
  • キャバリア ・・・弁膜症などの心臓疾患
  • ミニチュア・シュナウザー ・・・高脂血症

小型犬の犬種についてはこちらを参考にして下さい。

記事:小型犬で人気な犬種20選|性格と飼いやすさをランキング形式で紹介!

病気の早期発見のため健康診断を定期的に通うこと

人間でも同様ですが、定期的に健康診断を行うことで病気や不調などにもすぐに気づく事が可能です。

健康診断の内容としては、内診や触診だけでなく血液検査をしてもらう事で隠れた身体の状態を発見できます。

フィラリア予防薬などと一緒に血液検査を申し込めば一緒にする事が可能なので7歳以上になればぜひ受診してみて下さい。

心電図も重要な検査などでおススメです。

トリミングを欠かさない

トリミングやグルーミングは大切なケアの一つです。

体を毛で覆われた犬は、皮膚病になりやすく、また重症化しやすいです。

そのため、毛玉や絡まった毛などを取り除き、被毛の状態を整えて皮膚を健康に保つトリミングやグルーミングは長生きするために大事といえます。

時にはトリミングサロンでプロにトリミングしてもらうこともおすすめです。シャンプーだけでも受け付けていますので、プロの目でしっかり見てもらうことで微細な変化や病気に気付くことが出来ます。

犬を早死になせたくないなら絶対にやってはいけないNG行為まとめ

以下の行為は長寿であった犬が絶対に行っていない行為であり、病気やケガ、犬にとっての強いストレスになりやすい行為となっています。

これらを今も行っている人がいれば、すぐに変更する事をおすすめします。

外飼いは絶対にNG!その理由を解説

日本でも昔は犬は外飼いが多かったですが、今は圧倒的に室内飼いが増えています。

外飼いがNGな理由として

  • 気温の変化がある
  • 体調を崩しやすい(風邪をひく)
  • 感染症などのかかる可能性があがる

などがあるため長生きしにくいとされています。

愛犬に人間の食事を与える行為の致命的な欠点

犬は腎臓の機能が人間よりも弱いので、人間の食事は犬にとって塩分が多すぎます。

その結果として腎臓病や糖尿病といった長生きできない病気になりやすい傾向にあります。

それ以外にも犬にとって害があるので食べさせてはいけない物があります

  • チョコレート
  • コーヒー
  • ネギ類(長ネギ、タマネギ、ニンニクなど)
  • アルコール飲料
  • ぶどう、レーズン

これらは中毒症状や※溶血 を引き起こして最悪死亡する事もあるので厳禁です。

※溶血とは血液が破壊されること。

他にもあまり犬には食べさせない方が良いものもあるので、こちらでまとめいるのでチェックしてみて下さい。

記事:ドッグフードの”アレ”が原因?犬のアレルギー症状と対策方法まとめ!

肥満にさせる事は病気にさせる行為である

日本で飼育されている犬のじつに56%の犬が肥満傾向であることはご存じでしょうか?

肥満は万病のもとと言われており、糖尿病や腎臓病と致命的な病気にかかるリスクを上げるだけでなく、さまざまな病気にも影響します。

以外とぽっちゃりしている方が可愛く見えるかもしれませんが、愛犬が病気になった時に苦しむ姿をみると後悔します。

犬の状態が肥満であるかどうかチェックはした事がない人でも簡単にチェックする方法があるので普段していない人はぜひチェックしてみて下さい

記事:【カロリー計算が面倒な人】ドッグフード計算表と健康セルフチェック方法を大公開!

犬のそばでたばこを吸わない

犬の死亡率1位はガンであり、人間同様にたばこはガンのリスクがあげる要因になります。

人間より犬の方がガンになりやすいリスクが高いとも言われています。

なぜなら、細胞が増殖するスピードが人間の3倍くらい早いためです。

なので犬の生活空間では絶対にたばこは吸わないようにした方がよいでしょう。

また、犬によってはたばこを飲み込んでしまう事もありますが、その場合量によっては最悪死亡してしまう事もあります。

そういった観点からもたばこを吸うのであればスペースは分けた方が賢明でしょう。

犬がストレスに感じている行為とは?【よく見られるしぐさ】を紹介

ストレスは万病のもとであり、長生きする犬の共通点としてもストレスがかからないように気を付けているという方が圧倒的に多いのは事実です。

特に運動不足だとストレスを感じやすい事と寂しがりの犬では長時間一緒にいないとストレスを感じる原因になります。

また、上記環境を整える事も重要なので参考にしてみて下さい。

しかし、犬がストレスを感じているどうかは分かりにくいと感じるかもしれませんが、ストレスを感じているサインがあるので普段から以下の行動をとっていないかチェックしてみて下さい。

  • あくびをする
  • 目を細める
  • 目や顔をそらす
  • 後ろ足で体をかく
  • 全身をブルブル震わせる
  • 息遣いが荒い
  • 足の裏が湿っぽい
  • 鼻を舐める・口をクチャクチャさせる
  • 執拗に手足を舐めたり尻尾を噛む
  • 耳を後ろに倒す

特にあくびを何度もする、顔をそらす、息遣いが荒い、体のあちこちを舐めるといった動作は

適度なスキンシップを図る事で犬にリラックス効果があるのでおすすめです。

【まとめ】

どうでしたでしょうか?

小型犬の平均的な寿命は14歳ですが、その倍は生きる犬もいますが、その長寿の秘訣としては

  • カロリーや成長段階にあったドッグフードを与える事
  • 日ごろから運動を適度に行い若い内に体をつくっておくこと。
  • ケガをさせないこと
  • 歯のケアを行うこと
  • 犬種の特徴を良く理解して気をつけるべき病気を予防すること
  • 病気の早期発見のために普段から健康診断を受けること
  • トリミングを行い清潔に保つこと

NGな行為としては

  • 人間の食事を食べさせる
  • 肥満にさせる
  • 犬の近くでたばこを吸う
  • これらは控えて
  • 犬にかかるストレスを取り除いてあげる事が重要です。

適度なスキンシップや犬のマッサージを行ってあげる事で犬のリラックス効果があり、ストレスの軽減へと繋がります。

普段からこれらの事を心がけることで最愛のパートナ―である愛犬を守る事に繋がりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-おすすめドッグフード, 小型犬の飼い方