問題行動 小型犬の飼い方 犬のしつけ

小型犬で人気な犬種20選|性格と飼いやすさをランキング形式で紹介!

小型犬で人気な犬種20選|性格と飼いやすさをランキング形式で紹介!

実際に犬を飼ってみると「思ってたよりお金や時間、手がかかって大変」という声がよく聞かれます。

そんな中でも小型犬を飼育する時の特徴として

  • 全般的な費用が安い
  • 食事量が少ない
  • しつけがしやすい
  • 運動量は少なくて散歩が楽
  • 室内で飼いやすい
  • お手入れしやすい

このような理由から犬を飼った事がない人でも飼いやすいのでおすすめできます

小型犬の中でも現在全国で飼われている中でも人気がある犬種は

  1. 1位プードル
  2. 2位チワワ
  3. 3位ダックスフンド
  4. 4位ポメラニアン

となっていますが、これらの犬種が人気な理由として

  • 飼いやすい
  • 懐きやすい
  • しつけがしやすい
  • 手に入りやすい

といった特徴もそうですが、なんといっても可愛くてペットショップでよく見かける機会が多い事も挙げられます。

しかし、これらの犬種以外にも飼いやすく、飼育するための費用も安い上で可愛い犬種はたくさんいます。

以下ではおすすめできる犬種をランキング形式で20位まで紹介しています。

中にはちょっと珍しく自分の好みに合った犬種も見つかるかもしれません。

犬種の特徴も細かく紹介しているので気になる犬種がいればぜひチェックしてみて下さい。

小型犬を飼育する事をおススメする理由

小型犬が飼うならおすすめ

小型犬と大型犬の年間かかる費用を比較した場合

実際に犬を飼われている人を調査した結果によると、大型犬と小型犬を比較した場合、1年間にかかる費用は平均でおおよそ2倍の違いがある結果となっています。

特にドッグフードやおやつ代は3倍、しつけ、保険料、健康診断やワクチンは2倍程度の差がある結果となっています。

カット代は小型犬・大型犬と大差ないみたいですが、全体的な費用としては小型犬が40万円程度、大型犬は70万円以上かかる計算となっています。

しつけや洋服、リードや首輪、おもちゃペットホテル、シャンプー、トリミング、保険代、病気やケガの医療費については個人の工夫によって大型犬を飼育するにあたって費用を安く抑える事は可能ですが、ドッグフードやワクチン代、シャンプー代はどうしても小型犬よりも明らかに量的な問題で費用が掛かってしまいます。

実際に大型犬を飼われている方に聞いてもかかる費用として、「ドッグフード代」は費用がかかると答えています。

平均的な費用は高いですが、ドッグフードとワクチン代、必要なグッズだけで見積もっても年間15~20万円はかかってしまいます。

その点、小型犬はドッグフード、ワクチン代も安く済むので、工夫する事でかなり掛かる費用も安く済みます。

しつけがしやすい

しつけに慣れている方でも気力と体力・根気がいる作業であり、体格の良い大型犬となると力も強いので体が大きくなってからのしつけは難しいと言われています。

その点小型犬の場合は力もそこまで強くはありませんので、しつけをする時に体を抑えたりなどしやすいので、最初に動作を覚えさせる時なども体を使って覚えさせやすいです。

また、もし万が一しつけがしっかりとできていない場合でも相手にケガをさせたりといったリスクも少ないです。

犬種によっては小型犬でも賢い犬種もいて体も小さいので家の中で一緒に生活しやすい事も良い点です。

室内で飼いやすい

小型犬の特徴として体が小さく力もそこまで強くはないので、物を壊したりといった問題行動も起こしにくく飼いやすいです。

小型犬の場合は、一緒に布団で寝たりしやすい。

マンションなどのやや狭い空間でも一緒に生活する事ができますが、体が大きい犬となるとそうはいきません。

大型犬と比較して小型犬は運動量は少ない

散歩してあげる時間は大型犬の場合は平均1時間程度に対して、小型犬の場合は10分~30分とかなり時間は短いです。

実際に大型犬を飼っている方はご存じでしょうが、しつけがしっかりとされていない場合には犬が引っ張る時の力がかなり強いので最悪自分自身が怪我をしてしまったり、他の人や犬を怪我させてしまうケースもあります。

その点、小型犬の場合は年配の方でも一緒に散歩できる位ですので自分自身も疲れにくく、散歩しやすいです。

なので他の人を怪我させてしまうというリスクも低いと言えるでしょう。

以下でランキング形式で20位まで紹介しています。今現在、犬を飼おうかどうか検討されている方はこちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい。

記事:犬を飼うメリットとデメリットまとめ|飼いやすい小型犬がおススメ!

小型犬のおススメな犬種をランキング20位まで紹介

まずこのランキングを作成するためにあたっての基準として

  • 性格的な飼いやすさ
  • 人気がある
  • 手入れがしやすい
  • 運動量

これらを基準として選定しています。

もちろん実際にこのランキング以外にも魅力的な犬種はたくさんいますが、

トイプードル

トイプードル

体高25~28㎝、体重3㎏前後が標準です。

歴史

トイプードルはもともとスタンダードプードルという大型犬をもとに小型化されたミニチュアプードルをさらに小型化する事によって、18世紀ごろに誕生した犬種です。

これよりもさらに小型化されたティーカッププードルという犬種もいます。

性格

基本的に明るく、人懐っこく、甘えん坊な性格です。やや神経質な面も持ち合わせている。

特徴としては、自立心が旺盛な上にもともとのスタンダードプードルもかなり賢い犬種でその性質を引き継いでいるので、賢さが際立っています。

そのため、しつけやトレーニングが行いやすい気質を持ち合わせているので、しっかりとしつけを行う事で基本的なしつけ以外にも曲芸に近い事まで覚える事が可能な犬種です。

飼いやすさ

また、毛は特徴的なカールしているシングルコート構造となっているので、水に濡れてもブルブル体をするだけで素早く水が乾きます。

また、抜け毛がほとんどないので、アレルギーの方でも飼育しやすいです。

カットは3週間~1か月程度で行う必要があります。

毛が抜けない反面、放っておくと毛が伸びてしまうのでカットする必要はありますが、その度にヘアースタイルを好みに合わせて変える事ができる事も一つの魅力です。

クリップというカットの方法が主流ですが、それ以外にもお店毎に特殊なヘアースタイルもあるので、時には違うカットをして新鮮な気持ちになる事ができます。

飼いやすいポイントとして、他の動物とも仲良くしやすく、無駄吠えしにくい、問題行動は起こしにくいです。

そのため、小さい子供がいる家庭でも飼いやすいのも特徴です。

反面、甘えん坊なので最初に甘やかしすぎるとわがままな性格になりやすい傾向にあるので注意が必要です。

また、もともとは集団で生活するタイプの犬種であった事から、お留守番はやや苦手です。

もともと水猟犬であったので、比較的泳ぐのが得意であるので一緒に川や海に行って遊ぶこともしやすいです。

チワワ

性格

無邪気で遊び好きな性格ですが、怖がりで用心深く繊細な面を持ち合わせているのが特徴です。

比較的デリケートな犬ですが、マイペースなので甘えてきたり、素っ気なかったり、その時の気分によって態度が違う事があります。

なので、ある程度大きくなると留守中の寂しさから吠えてしまうという事も少ないです。

毛質にはロングとスムースの2種類ありますが、性格的な違いはありません。

ロングで毛が長くても寒さには弱いので、室内で温かい環境で飼うのがベターです。

暑い環境も苦手なのでクーラーが効いた所で飼う必要があります。

体も小型犬の中でも全体的に小さいので、マンションなど狭い家であっても飼いやすいのもポイントです。

また、散歩や食事量も少ないので、年配の方でも飼育しやすく、普段忙しい方でも飼いやすいです。

注意点としては、後ろ足の骨が特に細いので抱っこしている状態からの落下やちょっとした段差でも骨折してしまう恐れがあります。

また、チワワは成犬になっても頭蓋骨がしっかりとくっついていないいない場合もあるので、頭を叩いたりなどの行為は控えるようにしましょう。

歴史

メキシコ原産で古来より飼育されている犬種です。

19世紀半ばからアメリカ南西部で改良され、現代のモデルとなったと言われています。

ダックスフンド

ダックスフンド

もともとはヨーロッパでアナグマやキツネ、カワウソの狩りをしていた犬種で、ウサギやテンなどの小型動物を狩りをするために改良されたとのミニチュアダックスフンドです。

種類はミニチュア、スタンダード、カニヘンと3種類存在します。

大きさで区別されていますが、体高よりは狩で穴に入る時に重要となる胸囲の違いで種類が異なります。

毛はロング、スムース、ワイアーの3種類存在します。

毛質により性格に違いがあり、ロングコートは温厚です。スムースは活発で遊び好きですが、やや気が強い部分があります。

ワイアーはテリアの血を引き継いでいるので、かなり気が強く頑固で、知らない人に吠えて立ち向かっていく性質があります。

とにかく飼い主が好きな甘えん坊気質な面が特徴な犬です。

性格も陽気で活発に動き回るのが好きな子が多いです。

とても人懐こくて、好奇心に満ち溢れ、いつも元気に動き回って楽しい遊びを見るけ出すのが得意です。

そんな陽気な性格なので、一緒に過ごす事で元気づけられるのでおすすめです。

また、家族を愛して観察力の鋭い一面もあるので、飼い主の気持ちを理解する事にも長けています。

また、それなりに状況判断力もあり、行動的な犬種なのでコミュニケーションをしっかりと取れているとい家族の会話なども理解できる賢さも垣間見れるようになります。

注意点として、胴長であるので運動不足や肥満により背骨を支える力が衰えると椎間板ヘルニアが多い傾向があります。

そのため、適度な運動をしてあげる必要があります。

ポメラニアン

ポメラニアン

もともとは大型犬のスピッツ系を元に、ドイツのポメラニアン地方で品種改良された犬種です。

マリーアントワネットやモーツアルト、ビクトリア女王などの有名な人が好んで飼われていた犬です。

元気で無邪気な性格ですが、意外と賢さも備えている犬種です。学習意欲も高いのでしつけもしやすいと言えます。自分の思い通りにならないと、怒りっぽくなる事があります。

家にいる時は注意深いので見慣れない人や音には反応して吠える行動が見られます。

警戒心が強くなりすぎると、家にくる人全員に吠えたてる行動をしてしまうので、なるべく若い内にしつけをする必要があります。

毛はダブルコートなので寒さには強いですが、暑さに弱いのでクーラーは必須です。

色はオレンジやクリームが一般的ですが、黒やブルーなどの種類もいます。

毛質は細くて長いので絡まりやすく、放置していると毛玉になってしまうので、定期的にブラッシングしてあげる必要があります。

運動量は多い方ではないです。

骨が細いので骨折が多い事や目ヤニが出やすいので目元を清潔に保つように拭いてあげる事やひどい場合にはドッグフードで調整してあげる事が良いでしょう。

また、若い内に歯のトラブルを抱えやすいので、歯磨きなども定期的に行うようにする必要があります。

5ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリア

ヨーキーとも呼ばれますが身体的な特徴として、被毛が美しくかなりエネルギッシュなので活発に」動き合わります。

名前の由来として19世紀イギリスのヨーク州の工業地帯でネズミ捕獲のために作り出された猟犬です。

交配された犬としてはスカイ・テリアやマルチーズ、マンチェスター・テリアなどで生まれたのではないかと言われています。

性格は甘えん坊でさびしがり屋ですが、警戒心が強い面もありますが物事に勇敢に立ち向かう一面があります。

またストレスで体調を崩してしまう繊細さもあります。

もともと頑固な性格でもあったりするので、過保護にしすぎるとわがままな性格にさせてしまう原因になります。

ただし、飼い主がしっかりとコントロールする音できちんと信頼関係を築くことができて

幼犬では鼻s期と足回り以外は黒い毛色をしていますが、2歳以降になると本来のヨークシャーテリアの毛色になります。

毛は長くシルクのような柔らかい被毛が特徴ですが、カットや毛を巻いて保護してあげると良いでしょう。

また、毛質上毎日ブラッシングする事も重要です。

毛玉ができやすく皮膚炎などの原因となってしまいます。

また、目の保護や口周りの汚れ防止のために食後に汚れをふき取ってあげると良いでしょう。

かかりやすい病気:膝蓋骨脱臼、心臓疾患、尿石症。

パピヨン

パピヨン

フランス語で蝶の名の通り、大きな耳が蝶のように広がっている知的な犬です。遊び好きでとても穏やかで我慢強い性格です。しかし、やや神経質な面もあるので甘やかしすぎるとわがままで攻撃的で無駄吠えをしてしまう犬になってしまいます。遊ぶときは甘やかして、しつけをする時は厳しくするなどメリハリをつけてあげると良いでしょう。

たれ耳のタイプもいてファーレンと呼ばれます。もともとはスパニエルという犬種が祖先であると言われています。

特徴として、賢く状況判断する事が得意。

かかりやすい病気は眼疾患、膝蓋骨脱臼。

シーズー

喜怒哀楽などの表現が豊かな犬。つまった鼻先と大きな眼が魅力的なシーズは喜怒哀楽が豊かなので見ていて飽きない表情を見せてくれます。

性格としては時折プライドが強く、頑固になる面もありますが、基本的には飼い主が大好きです。しかし、やや他の人に対しては吠える傾向もあるのでしっかりとしつけをする必要があります。

艶やかな被毛が特徴的であり、短くカットした方が飼いやすいですが、長い方が上品さが際立ってキレイに見えます。

しかし、長くすることで被毛の手入れが大変になり、毎日のブラッシングはもちろんの事、毛先が傷まないようにラッピングなどをして保護する必要があります。

もともと眼疾患が多い犬種なので、被毛が目にかかってしまったりしないように頭の毛を結んであげるなどの工夫が必要でしょう。

かかりやすい病気:眼疾患、口蓋裂、脂漏症

運動量:朝夕10分程度。

体重:8㎏以下

柴犬

柴犬

主人に従順で忠実な性格。世界的にも人気な犬種。今は犬の中でも柴犬ブームともなっている人気な柴犬ですが、性格的には成犬では主人に従順で忠実、献身的な性格になりやすいです。この理由として、もともと祖先である猟犬の血がそうさせるのでしょう。

活動的で俊敏で持久力にも優れていて小型大きいものでは中型犬に属する大きさですが、体力が優れています。

そのため、散歩ではしっかりと運動させる必要があります。

子犬の頃は飼い主以外の人間やほかの犬とのふれあいをさせてあげて社会性を身につけてあげましょう。

そうする事で成犬になった時に落ち着きのある優れた番犬へとなります。

しかし、最近では繁殖が増えて精神的に忍耐力の少ない神経質で攻撃的な犬も増えているので注意が必要です。

そのため、購入時にはきちんと親や兄弟の血統なども確認するようにした方が良いでしょう。

被毛はダブルコートなので抜け毛が非常に多く手入れもしっかりとしてあげる必要があります。

耐寒性能は高めです。

体重:9~14㎏

かかりやすい病気:皮膚疾患

ミニチュア・シュナウザー

好奇心旺盛で行動的な性格なので興味を持った事には何事にも果敢に挑戦し続ける行動が見られます。愛情深く知的な面もあります。知らない人に対してはやや警戒心が強い傾向がありますが、一度心を許した相手にはとても友好的に接していきます。

毛に隠れていますが、筋肉質で頑丈な体格です。決められたことを計画的にこなしていきたいタイプなのでルーズな生活や不規則な生活の家庭にはやや不向きかもしれません。

体重:6~7㎏

性格:無邪気、好奇心旺盛

かかりやすい病気:尿路疾患、白内障

マルチーズ

シーズー

純白な毛色のマルチーズですが、愛らしいその姿は以外にも賢くて物覚えがよく、家庭内のルールもすぐに覚えてくれるので、非常に手のかからない家庭犬として室内での飼育に向いています。

性格的にも優しく。甘えん坊ですが、活発なので遊ぶことも大好き。

元気に育ててあげるといいでしょう。抱っこされる事も好きでアニマルセラピー犬としても活躍していた犬種です。

被毛は長く伸び続けるので短めにカットした方が飼いやすいでしょう。

体重:3~4㎏

かかりやすい病気:眼疾患、膝蓋骨脱臼、心臓病、水頭症、不正咬合、涙流症

10パグ

小型犬の食事量は少ない

犬名の由来はラテン語で「握りこぶしの顔」であるようにつぶれた鼻先でぎょろっとした大きな眼、垂れた耳が特徴の犬です。

最近ではぶさかわいいキャラクターで人気になってきている犬種です。実際にその行動からも癒される愛嬌がありますが、じつは知的で賢く、飼い主に忠実な性格をしています。プライドも高く頑固な面もありますが、本来は的確な状況判断ができる聡明な犬です。ただし、鼻先がつぶれているので気道が短く苦しそうに呼吸をしています。

特に睡眠中は大きないびきをかきます。また、気道が短いので熱交換が苦手です。暑い日にはエアコンはかかせません。

顔のしわの隙間に皮脂などの汚れが溜りやすく放置しておくことで皮膚疾患を引き起こしてしまうので、毎日拭いて清潔に保ってあげる必要があります。

体重:6㎏~8㎏

かかりやすい病気:眼疾患、軟口蓋過長症、熱中症、鼻孔狭窄。

ミニチュアピンシャー

見た目はドーベルマンに似ていますが、ドーベルマンよりも200年以上も前の犬種です。身体的な特徴として、引きしまった筋肉質の方だで、スタイルが抜群の小型犬です。

性格は容器で活動的で情愛も深いので、子供とも楽しく遊べます。賢いので上手にどれーにんぐをすると、難しい事まで覚えさす事ができます。

プライドがやや高く自己主張もあるので、甘やかしたり一人きりの時間を長くしすぎるとよく吠えて攻撃的な性格になってしまいます。

よく動き回り、スタミナもあるので毎日の運動は欠かせません。

ジャンプ力もありますが、足の骨が細く飼い主にジャンプしたりするので骨折や脱臼には注意が必要です。

体重:4~6㎏

かかりやすい病気:鼠径ヘルニア、皮膚疾患

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

キングチャールズスパニエル

とても美しい毛並と整った容姿をしているキャバリアですが、遊び好きです。外交的で知的なのでトレーニングもしやすく、子供や他のペットとも仲良くしやすいです。性格上はとても良い子に育ちやすく知らない人に対しても警戒心はそこまで強くないので友好的に接する事ができます。

被毛は光沢があり、柔らかくしなやか、軽くウェーブがかかっています。

毎日のブラッシングによって輝きが増すので、まめなケアをする必要があります。

たれ耳なので耳掃除なども定期的に行ってあげる必要があります。

この犬種はやや肥満傾向になりやすいので、食事と運動のバランスを考えてあげる必要があります。

特に老犬になって運動量や代謝が減ってくると注意が必要です。

皮膚疾患んであたり、体重が重くなると足にも負担がかかるので注意が必要でしょう。

体重:5~8㎏

かかりやすい病気:膝蓋骨疾患、心臓疾患、停留睾丸、皮膚疾患

ジャックラッセル・テリア

ジャックラッセルテリア

小さい体のどこにそんなスタミナとパワーがあるのか計り知れないのが、ジャックラッセルテリアの魅力です。

頭も良いので物覚えが良くその分、悪知恵も働きます。少しでも目を離しておくとイタズラをして色々な物を壊してしまったりします。

しかし、トレーニングの飲み込みも早いのでしっかりとしつけを行うと非常に良い子になります。

毛質にはスムース、ブロークン、ラフの3種類があります。

スムースはやや被毛が硬めでかなり抜けます。

毎日のブラッシングで抜け毛を除去しても服に引っ付いたりします。

そういう点ではブロークンやラフの方が、抜け毛は少ないです。

体重:4.5~7㎏

かかりやすい病気:神経疾患、内分泌疾患、皮膚疾患

ペキニーズ

ボストンテリア

シェットランドシープドッグ

イタリアングレーハウンド

ウエストハイランドホワイトテリア

狆(チン)

日本スピッツ

ランキング20位までの総括

飼いやすい犬種もいますが、中には癖のある性格や病気の事が気になる犬種がいたと思います。

しかし、どの犬も飼ってみないと分からない事も多く、性格や身体的な特徴にも個体差があります。

これらを参考におおまかな犬種の特徴をつかんで頂き、今後犬を飼ってみようと思う方はよく検討してみて下さい。

また、これらを参考にてしても自分にあった犬種の特徴はよく分からないという方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

自分の傾向からあった犬種が見つかるかもしれません。

記事:【タイプ別犬診断】あなたにピッタリな犬種はどれ!? 自分に合っているおススメ4グループを紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の小型犬で人気な犬種の中には聞いた事のない珍しい犬種もいたと思います。

やや飼いにくいと思われるような性格が書かれていたかもしれませんが、しつけをしっかりと行う事で信頼関係で結ばれて最高のパートナーとなってくれます。

自分に合った犬種が見つかる事でこれらの人生も最高のものとなると思いますので、ぜひこれを機会に実際の犬を見て触れ合ったりする事をおすすめします。

また、今犬を飼われていたり、これから犬を飼おうと検討中の方は合わせてこちらの記事も読んでみて下さい。

犬種の特徴もそうですが、しけつの仕方をしっかりと知っておく事で愛犬との間に最高の絆が生まれます。

記事:子犬~成犬までのしつけ方【完全版】問題行動の解消方法も紹介!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-問題行動, 小型犬の飼い方, 犬のしつけ