アレルギーに良いフード おすすめドッグフード 小型犬の飼い方

モグワンドッグフードの口コミと評判は?原材料から徹底比較!

モグワンドッグフードの口コミと評判は?原材料から徹底比較!

モグワンドッグフードは口コミでは良くない評判も聞かれるので実際どうなのか?

客観的に良いドッグフードなのか?どうかが知りたいポイントだと思います。

数々のドッグフードの原材料をチェック、試してみた私の評価を率直にまとめています。

さっそく結論ですがモグワンは

  • 原材料や成分
  • 栄養バランス
  • 信頼性の高さ
  • 食いつきの良さ

これら点においては非常に優秀なドッグフードといえます。

獣医師からの推薦だけでなく実際に利用されている方の口コミや販売実績からもこれらの点においては証明されています。

しかし、あまりおすすめできない点があるのも事実です。

実際にモグワンを利用された方の口コミ・評判から良くない点をまとめると

  • 大型犬など食事量が多いワンちゃん
  • 金銭的に余裕がない場合
  • 自分が手作りで栄養バランスが取れた食事を作れている場合

これらのケースではモグワンを選ばない方が良いでしょう。

まず1つめに私は大型犬も飼っていますが、食べる量が非常に多いのでモグワンの1袋1.8㎏:税込4400円では全然量が足りません。

モグワンは定期購入、複数購入をする事で安くする事はできますが、大袋など量が多いタイプは残念ながら販売されていません。

また、2つ目の金銭的に余裕がない場合についても市販の安いドッグフードに比べて1袋1.8㎏の量で税込4400円は高く感じると思います。

その状況で購入しても騙された!と感じるだけだと思うのでやめた方が良いでしょう。

3つ目の理由である、もともと手作りドッグフードを与えていた場合には口コミにもありますが調子が悪くなったという事もあるみたいです。

手作りドッグフードを作る場合の多くは犬の健康はもちろん

  • アレルギー
  • 涙やけ
  • お腹の調子がよくない

などの健康上の理由があって手作りされる方が多いです。

自分で毎回栄養バランスを考えて手作りドッグフードを作れる場合にはモグワンドッグフードでなくても良いかもしれません。

しかし、これらの良くない口コミを考慮してもモグワンは良いドッグフードであると納得できてしまうポイントがあります。


以下では

  • モグワンは怪しいとの評判がある!?その理由
  • 値段を成分や原材料から他のドッグフードと比較
  • モグワンの給餌量について
  • モグワンドッグフードは涙やけのある犬も与える事ができる?
  • モグワンドッグフードの臭いが気になる?
  • モグワンドッグウードの販売店情報
  • モグワンドッグフードをお試しする方法

これらの情報をもとに

犬の健康や食いつきが気になる飼い主さんは一度検討してみてはいかがでしょうか?

モグワンドッグフードは怪しいとの評判がある!?その理由を解説

モグワンが良くない理由を解説

モグワンの評価や口コミを見て「怪しい」と感じる人は多いようですが

その理由として

  • 宣伝が大々的すぎて逆に怪しい
  • 良い評価ばかりで信用できない

実際に購入してみたら良くない結果で損をしてしまうのではないか?

といった不安感が強いようです。

ちなみに独自でSNS、インターネット、実際に利用されてみた方などの口コミ・評判を200件近く集めた結果として

良いコメントが

口コミで良くなかった評価をしているものを紹介すると

  • 食いつきが良くなかった
  • 便の状態が緩かった
  • 量の割に値段が高い
  • ドッグフードの臭いが気になる

といった内容につきますが全体の評価の3割程度となります。

食いつきが良くなかった点については犬によっても好みが分かれます。

実際に試してみた人の評価としては「食いつきが良かった!」とコメントしている方が多い結果となっています。

便の状態はドッグフードだけでなく変更した時に一時的に緩くなる事はあります。

長期的にみてどうかが重要なポイントとなりますし、変更する際には一度に変更せずに前のご飯と混ぜる方法が基本です。

数日だけで「食いつきや便の調子が良くなかった...」だけでは正しい評価はしにくいところです。

しかし、これらの良くない口コミに共通していることは成分に関しては悪いという意見がほとんどない点です。

値段を成分や原材料から他のドッグフードと比較

原材料が良くても食いつきが良くないドッグフードも多いので悩まれる方が多いのではないでしょうか?

せっかく買ってきても「あんまり食いつきが良くない...」といった事もあると思います。

モグワンはそんな経験のある人にこそおススメできるドッグフードです。

良くない評価もある理由として「ドッグフードの量に対する値段が高い事」だと思います。

ようは「こんなに値段するのに良くないじゃないか!」という勘違いが原因になっている訳です。

モグワンは1袋 1.8㎏で税込4400円程で販売されているのに対して、市販の安いドッグフードでれば同じ量でも600円くらいで購入可能です。

比較すると7倍の差がありますが、これがもし同じ600円で販売されていればどうでしょう?

悪い評価はなくなりすごいドッグフードで話題になると思います。

モグワンを製品の品質という面だけでみると非常に優秀で口コミからも全体的に好評価している意見の方が圧倒的に多いです。

良くない評価をされている結論として「飼っている犬が小・中型犬で1匹だけ」という方以外の条件であれば低評価である事。

ようはたくさんドッグフードが必要だけど値段が高くて自分に合わない!けど良い評価ばっかりされている!という所にあると思います。

モグワンですが、小型犬1匹で考えてみると市販の安いドッグフードを与えるより良い事もあります。

そもそも市販のドッグフードに含まれる注意すべき原材料を解説!

注意が必要な食材とは?

市販のドッグフードは以外と食べてくれるけど、添加物や着色料などが心配です。

ポイントとして、安いドッグフードであれば肉類などあいまいな表記です。

別記事でも紹介していますが、原材料をチェックしてみて曖昧な表記になっている事が多いです。

例えばオートミールや肉副産物など

市販で販売されている原材料名の所をチェックしてみてください。添加物や香料を使用しているので犬にとっておいしく感じるように作られている訳なのですが、犬の健康の事を考えるとよくないです。

安価なドッグフードは

  • 着色料(見た目)
  • 香料(香りづけ)
  • 添加物(おいしく感じる)

といった安く犬にとっておいしく感じれるように作られています。

原材料の記載欄のルールとしてはじめに書かれている順に使われている原材料の割合が多い事はご存じでしょうか?

市販のドッグフードではよく見てみると主原料としてトウモロコシや小麦といった大量生産できるようなものが使われている事が多いです。

肉類やオートミールといったあいまいな記載もされているものはなるべく食べさせない方が良いです。

なぜならどれも消化しにくく、体にとってよくない成分が含まれているからです。

以下ではドッグフードの選び方についてまとめているのでチェックしていない方はぜひ参考にしてみて下さい。

記事:【完全版】愛犬におすすめなドッグフードの選び方まとめ

モグワンドッグフードに含まれている原材料と成分について解説!

モグワンに含まれる原材料

サーモンやチキンがメインなので動物性のタンパク質が豊富である事。

特に動物性たんぱく質は50%以上なので

また、サーモンとチキンをチョイスしている事にもこだわりを感じます。

なぜなら、別の記事でも紹介していますが、チキンや魚は他のタンパク質を含む食材と比較するとアレルギー的な要素が少ない事です。

つまり、皮膚炎や涙やけが気になるというワンちゃんにこそおススメできるわけです。

またカロリー的にも気になるというワンちゃんも多いので、チキンは脂質が少ない事も嬉しいポイントですね。

サーモンにはDHAやEPAといった栄養素も含まれているので、頭にもよいという事や

エイコサペンタエン酸(EPA)の主な機能として、

  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 抗血栓
  • 血液凝固の抑制
  • 抗炎症

といった作用があります。

厳選された野菜と果物も含まれているので栄養バランスが取れている。

※ヒューマングレードであることもポイントです。

※人間と同じような食材を使用している事

ココナッツオイルは特に最近注目されています。これに含まれる中佐脂肪酸は分解されやすいので消化吸収を助ける働きがあります。

ラウリン酸にはリフレッシュ作用もある。

食物繊維が豊富なのでお腹の調子を整える事に期待できます。

モグワンに含まれる成分と栄養素を解説!

(オメガ3系脂肪酸)

EPAとドコサヘキサエン酸(DHA)は海水魚の魚油に多く含まれる脂肪酸

EPAがどんなワンちゃんに良いとされているかと言えば、主にシニア期の犬たちが抱える、

関節炎などの傷みを抑制する作用

ガンなどの炎症を抑制する作用(抗炎症作用)

こういった研究が進められています。

心臓などの循環器系にお悩みを抱える犬たちの負担を減らしてくれるのではないかとも期待されてきています。

なので、最近のドッグフードにはEPAが含まれるものが増えてきている印象です。

また、犬の必須栄養素であるオメガ3系脂肪酸は犬の体内では作られないので普段の食事からきちんと摂取しなればいけません。

しかし、安価なドッグフードにはこれらの栄養素があまり含まれていない事もあります。

薬ではありませんので、急に症状を改善するなどは難しいかもしれませんが、日頃から、成犬~シニア期の犬たちが継続して摂取することで、犬たちが本来持っている生体調節機能を高めたり、臓器への負担を減らしたりすることができるかもしれません。過剰摂取しても害がある成分ではありませんが、脂なので脂ののった青魚を食べ過ぎてしまったりすると、うんちが緩くなることもあります。

EPAを効果的に摂取する上で大切なこと。

「そんなに健康に嬉しい成分なのであれば、たっぷり摂取すればより効果が早く出るのでは?」と考えられる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、EPAが効果を発揮するのには、実は他の脂肪酸も必要だといわれています。

それは、オメガ6と呼ばれる脂肪酸。実は、オメガ3とオメガ6の調和が取れてこそ、素晴らしい効果を発揮してくれるといわれています。

健康に良い成分だからといって、そればかりを摂取していても、必ずしも良いとは限らないのは、どんな栄養でも同じことです。EPAもほかの栄養素と同じように、バランスの良い食事の中に取り入れていくことを意識して、日頃の犬たちの食生活を見直していきたいものですね。

モグワンドッグフードが小型犬にとっておすすめな理由

モグワンドッグフードは小型犬が食べやすいようにといった事や栄養成分についても計算されています。

また、小型犬に多い悩みを解決できるように作られています。

  • グレインフリー
  • 獣医師・アンケートの結果が良い
  • ペット先進国であるイギリスで生産されている
  • 香りづけにこだわっている
  • 口臭が気にならない
  • 粒の大きさが食べやすい
  • 涙やけがある子にも安心

そんな悩みを抱える人が購入されています。

そして、今までに200万個以上の売り上げ、85万人以上の方に選ばれています。

おおよそ全国の飼育されている小型犬数の5分の1の割合にあたるのでそういった意味でも信用性は高いといえます。

グレインフリー

グレインフリーである

グレインフリーとは原材料に穀物を使用していない事です。

本来肉食である犬ですが、安価なドッグフードには主な原料として肉ではなくとうもろこしや小麦といった表記がよくされているのを見かけます。

そんな中でもモグワンは穀類を使用していないのがポイントです。

最近ではアレルギーにグレインは関わっていないのではないか?という見識もありますが、皮膚炎などに効果がある療法食を見てみると、グレインだけでなく消化吸収しやすい事をポイントに作られている事が分かります。

そういった消化吸収しやすいという点でもこのモグワンはおススメできる商品です。

こちらの記事でドッグフードが消化や吸収されやすい事についてまとめているので参考にしてみて下さい。

記事:その犬のアレルギー症状...実は腸内環境が原因!?【ドッグフードの与え方】を解説!

モグワンは獣医師も推奨しておりアンケート結果でも食いつきが良い!

実際にモグワンをあげてみた方を対象に822名に聞いてみると94%の方が完食した、ほとんど食べたと回答されています。

また、97%の人が「今までのドッグフードと全然違う!」と答えています。

モグワンのすごい所はインターネットでしか販売されていないものを購入しようと検討されている方は何かしら悩みがあるから購入されている訳です。

特にドッグフード選びで悩まれている多くの方は、犬の健康の事を考えてドッグフードを選ぶけど「食いつきが良くない」点にあります。

これは小型犬に多く見られやすく、

つまり、そういったドッグフードをえり好みしやすいワンちゃんでも94%食べてくれるという事になります。

犬にも個体差があるので、一度おいしい物を知った後では「今までのご飯よりおいしくない...」と考える犬も結構います。

そんなワンちゃんでもよく食べてくれるという所がモグワンの一番の利点であると思います。

モグワンの会社も食いつきを意識して開発したと言うだけはあります。

また、実際に商品を購入された後もリピートされる割合が高いという事は「実際に愛犬に食べさせてみて良かった!」という証拠であると思います。

そちらはモグワンのサイトにいつ購入されたか?をチェックできるので見てみて下さい。

製造されているのはペット先進国であるイギリスの大手製造メーカーである

モグワンの製造メーカーはイギリスのペットフード専門工場で生産されています。

国産の方が安全なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ヨーロッパや海外の方がペットに関する分野は先進国であり、ドッグフードに関する知識も日本より豊富なため、むしろ国産のドッグフードよりも安全性は高いと言えるでしょう。

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした安心の施設で作られています。

生産ラインは常にモニタリングされ、専門の品質管理官が最新の設備を駆使してチェックしています。

ドッグフードに使われる原材料は、それぞれの供給元から工場に届けられた時点で、品質テストにかけられます。

この第一段階のテストをパスした原材料だけが、ドッグフードの生産ラインに回されるシステムです。

生産ラインを通ってできあがったドッグフードは、パッキング前に専用機器で分析にかけられるようなシステムです。

定期的に購入されている人も多いので安心

実際に購入された後もリピートされる割合が高いという事は実際に。

レティシアンでは動物看護大学や動物専門学校などの卒業生をはじめ、ペット栄養管理士・ホリスティックケアカウンセラーなどの資格を持った専門スタッフ約30名が常駐し、ペットオーナー様からのご質問やご相談に答えられる体制を整えています。

モグワンは香りづけにこだわっている

モグワンの特徴として人工物である香料を入れていないにもかかわらず、チキンやサーモンの香りが強く感じます。

犬は人間と比べて味覚は発達していないので、「おいしいかどうか?」を判断する時には敏感な嗅覚がメインで後は食感などの好みがあります。

なので香りがしっかりとしている事は犬にとって「おいしい」と感じるポイントな訳です。

愛犬の口臭が気になる方にもおすすめである

口臭の原因は口腔内だけが原因だと考えがちですが、内臓から臭う場合もあります。

つまり、食べたものが原因である可能性もあるので試してみる価値はあると思います。

粒の大きさが食べやすい

まんなかに穴が空いたドーナッツ型です。

粒の大きさにはバラつきがありますが、0.8~1.3センチくらいがほとんどでしょうか。

ドーナッツ型のフードは噛んだときに砕けやすいので、噛む力が弱い子犬やシニア犬におすすめ

獣医師も推奨している

「犬の手作り食のレシピから生まれたスペシャルフードに興味がある」と答えた獣医師25名を対象として84%がこの商品を他の人に薦めたいと回答されています。

獣医さんにもよりますが、犬のドッグフードはなるべく手作りフードが良いとされている事を知っている獣医によるお墨付きを頂いている。

モグワンに含まれている原材料一覧

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

成分表

タンパク質27%以上
脂質10%以上
粗繊維4.75%以下
灰分9%以下
水分9%以下
NFE39%
オメガ3脂肪酸1.18%
オメガ6脂肪酸1.63%
リン1.06%
カルシウム1.40%
エネルギー(100gあたり)363kcal

市販のドッグフードと比較してモグワンの値段は適正か?

店頭では取扱いされていない商品となっている理由として

イギリスの向上から直接取り寄せている事。

お店で販売する事で余計にコストがかかってしまうのをネットで直接販売する事で余計なコストをカットしているためです。

値段は1袋 1.8㎏で税込4400円程します。

市販のドッグフードからするとお値段はやや高めですが、仮に5㎏の小型犬を飼っていると想定して計算してみます。

1日86gの消費なので計算すると1袋で21日分となります。

3袋を定期コースで購入した場合15%の割引なので

だいたい2か月(63日分)で11000円で

1か月にかかる費用として5500円になります。

1月のドッグフード代5500円で愛犬が健康でいられてご飯をおいしそうに食べてくれる。

また、健康の事はすでに考えられているので、手作りのご飯を用意する事を考えたり、手間も必要もないので時間的な余裕も生まれます。

中・大型犬を飼われている方や多頭飼いされている家庭からしたら「高すぎ!」となりますが、5㎏の小型犬1匹程度であればそんな痛い出費ではないからです。

正直、犬の場合は医療費に保険がきかないので生涯かかる医療費が平均150万円になると計算されています。

ですが、病気に掛からなかった犬との差がすごいので、結果としてはむしろプラスになる計算となるので普段から食事に気を使う事は重要なポイントです。

そう考えるとそれほど高い出費ではないと思います。

小型犬の医療費を計算!ドッグフードが犬の健康にとって良い理由

お金がもったいないから!と人工物や化学調味料などが含まれた食事を与え続ければ、健康を損なってしまう事に繋がりかねません。

犬の場合は病気になった時に保険が適応されないのでケガや病気では医療費がかなり高額になる事は普通です。

ペット保険の調べによれば、犬の生涯かかる医療費は平均100~150万円ほどと言われています。

犬の年間医療費がどれくらいかかるのかを東京都福祉保健局が調べたものだと一番多いのが3~6万円未満です。

犬の寿命が15年ほどと考えると、生涯にかかる医療費は3~6万円の15年分である45~90万円となります。

このほか、狂犬病の予防接種や5種混合などのワクチン接種を行うことを考えると、犬の医療費としておよそ100万円ほどかかる計算ですが、あくまでも平均なので健康で生涯過ごす事ができれば結果は変わってきます。

飼っている犬によってはあまり病気をせず、それほど医療費がかからない場合もあります。

しかし、中には病気にかかりやすい犬種もいて実際にかかる医療費はこれ以上になるケースもあります。

病気になると手術費用や入院費などの病院代がかかる

手術が必要になった場合、手術費用や入院費などの病院代がかかります。

入院が必要な場合、1泊いくら入院費もけっこうかかります。

また、手術費用も保険が効かないのでかなり高額になります。

日本獣医師会の調べによると一つの病気になった時にかかる費用として小型犬の場合は

  • 1万円未満16.5%
  • 1~2万円未満16.6%
  • 2~3万円未満11.2%
  • 3~5万円未満12.2%
  • 5~10万円未満13.7%
  • 10~20万円未満8.0%
  • 20~30万円未満3.3%
  • 30~40万円未満5.4%
  • 病気にかかったことはない13.1%

この平均は1か月に8200円なので1年で98400円かかる計算になります

小型犬の平均寿命が15年なので150万円ほどとなります。

腫瘍の手術をした場合10万円ほどかかります。

犬の医療費歯周病の平均

3歳以上の犬の8割が歯周病になっていると言われているほど、犬には多い病気です。歯垢が溜まってしまい、そこに細菌が住みつくことで発症する病気です。

医療費として10万円くらいになります。

泌尿器系の病気で手術をした場合にかかる費用として20万円ほど。

目の手術では15万円ほど。

軒並み手術なしでも2万円ほどの病院代がかかる計算となります。

中には高額の事例として1つの病気で100万円を超すこともある

心臓病や脳腫瘍などの手術となるとかなり高額な場合が多いです。

そいった意味でも、普段の食事から健康に気を使う事も重要性は高いと言えるでしょう。

モグワンは定期コースで割引きがあり安くなる

定期コースであれば本来よりも割引されます。

試しに買ってみて良かったとなれば、定期コースもあるのでおすすめです。

定期コースであれば、1袋なら10%off

2袋なら15%off

6袋以上で20%offになるので「ある程度あげる量が分かっている人」は定期コースにすると少し安くなります。

これらを考慮してモグワンを購入したいという方はインターネットからのみ直接取り寄せる事が可能です。

-アレルギーに良いフード, おすすめドッグフード, 小型犬の飼い方