ドライフードとウェットフード|犬の餌で健康に良いのはどっち!?

健康に良いフード紹介

犬の餌はドライフードとウェットフード!?|どっちのドッグフードが良いか解説!

はじめに結論として、犬が健康で食べられる場合には極力ドライフードを与えて、なんらかの理由で食べられない場合にウェットフードを選択するようにしましょう。

その理由は

  • 同じ量で比較した場合に含まれる栄養成分が豊富なため
  • 歯石がつきにくく口の中の状態が清潔に保たれやすい(虫歯になりにくい)
  • 噛む力が鍛えられる
  • 価格的に比較的安価であるため

しかし、ウェットフードにも利点があります。

それは

  • 柔らかいので歯に異常がある場合や老犬となって噛む力が弱くても食べれる
  • 水分を多く含まれているので水分不足を補う事ができる
  • ドライフードより食感が柔らかくて匂いが良いので食いつきが良い傾向にある

といった所です

特に目に見えて食いつきに関しては良い場合が多いように感じるので、どうしても食べないといった場合にはおススメです。

なので、ドライフードを食べてくれない場合に選択するとウェットフードの方が嗜好性も高いので食べてくれますし、犬が喜ぶご褒美として与える事もできます。

以下の記事では

  • 実際にパッケージに記載されている栄養素がどれ位違うのか
  • 必要な量から計算して価格的にはどれ位違いがあるのか?
  • ウェットフードを与える時の注意点
  • ウェットフードであればどれがおススメか紹介していきます

ドライフードとウェットフードの栄養成分の違いについて解説!

ドライフードの場合、含まれている栄養素が豊富であると冒頭で述べましたが

そもそもドッグフードに含まれる水分量に大きな違いがあります。

  • ドライフード:10%
  • ソフトドライ(セミモイスト)フード:25~35%
  • ウェットフード:75%

おおよその値ですが、同じドッグフードでも含まれる成分に65%の差がある事が分かります。

つまり、ドライフードの場合には残りの90%が栄養素となり

ウェットフードは残りの25%が栄養素となるので、1日に必要な栄養素を摂取しようと考えるとウェットフードの方が摂取する量が必要になると言えます。

同じメーカーの商品であれば、必要な栄養成分あたりの量で計算するとドライフードの方が1/4の量ですむ計算になります。

なので、あまり量が食べられないけどドライフードを食べられる場合には、ドライフードを選択する方が良いと言えますね。

ドライフードは口腔内の衛生が保たれて歯石が付着しにくいので虫歯になりにくい

犬は口の中のケアがしにくいので虫歯や歯槽膿漏になりやすく、老犬になるとさまざまな病気の原因であったり、ドッグフード自体食べられない原因となりえます。

そのため、ご飯を食べさせた後にはきちんと口の中のケアする事は大切です。

とはいえ、なかなか犬の歯磨きができない!といった方も多いので、その場合には歯石が付きにくいものや食べるだけで、一定の歯石を除去する事ができるドッグフードなどを選択すると良いでしょう。

特にカナガンの場合は口腔ケア以外にも、グレインフリーであるのでアレルギーにも配慮されている点や総じて食いつきが良い事で有名なためおススメです。

美味しい毎日、健康な毎日『カナガンデンタルドッグフード』



ドライフードはウェットフードより歯石の沈着が少ない!?

一般的にドライフード法が口腔内が衛生的に保たれやすく虫歯になりにくいと言われています。

その理由は

  • 硬いので噛む回数が多くなる
  • だ液の分泌量が増える
  • 水分量が少ないので水をよく飲んで口の中が洗い流される

結果として口の中を清潔に保つ事へと繋がる訳です。

また、噛むことににより歯や歯茎への刺激となるので歯肉を健康に保つ事にも繋がります。

どちらが安い!?ドライフードとウェットフードを値段で比較!

名称 カナガンドッグフード チキン
内容量 2kg
対象 全犬種・全年齢
原産国名 イギリス

カナガンドッグフード
カナガンドッグフード
イギリス

カナガンドッグフードチキン

通常価格¥3,960

成分:タンパク質29%以上脂質15%以上粗繊維5.25%以下灰分11.25%以下水分9%以下オメガ6脂肪酸2.8%オメガ3脂肪酸0.9%カルシウム1.86%リン1.42%エネルギー

(100gあたり)376kcal

カナガンドッグフードチキン
カナガンドッグフード チキンウェットタイプ400g×3⽸セット
  • 全⽝種・全年齢OK
  • 原産国:ドイツ
通常価格¥3,200(税抜)
成分

粗タンパク質10.5%脂質6.1%粗繊維0.5%粗灰分2.3%水分75%エネルギー

(100gあたり)105.82kcal

1⽇あたりの給与量⽬安
1⽇あたりの給与量⽬安

そのため、犬の体に必要な栄養を摂取させるだけの量を与えようと思うとウェットフードの方が餌にかかる費用はやや高くなりがちです。

また、ウェットフードを一度開封すると冷蔵庫で保管した場合でも1日程度しか持たないのに比べて、ドライフードの場合には開封してからの保存期間が1か月以上と基本的に長いものが多いので単純な量だけではなく、与えられる量は増えるでしょう。

ドライフードを食べてくれない愛犬へ【カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ】

食いつきが違う!『カナガンドッグフード チキン』


ウェットフードを選択する場合はどんな時!?メリットをすべて解説!

食べやすい

ではウェットフードが良い理由は

一番の理由は食べやすい事、これに尽きます。

なかなか犬の餌を食べてくれない子でも食べてくれます。

基本的に犬用のウェットフードはドライフードよりも匂いが強いため、犬の食いつきに関係してきます。

ウェットフードをあげる条件は特になく、子犬から老犬まで全年齢で構いません。

弱い力でも飲み込むことができるので、生後2ヵ月から6ヵ月までの成長期ではドライフードではやや硬い場合もあり、ウェットフードを混ぜて与えると食べやすいでしょう。

ドライフードを愛犬が好んで食べてくれない場合、ウェットフードを混ぜてあげることで食いつきが良くなる可能性も高いでしょう。

餌だけで水分の確保ができる

犬用のウェットフードの最大のメリットは、水分の含有量が高いこと。

そのため、水を与えてもなかなか飲んでくれない犬に水分を補給させたい時に役立ちます。

また、尿路結石症や腎臓の病気にかかったことのある犬は、水分の摂取量が足りないと尿路結石症や腎臓の病気などの再発リスクが高くなるので、エサ自体に水分が入っていると摂取できる量が確実で増やす事ができて安心です。

そのため、尿路結石がある犬などの場合にも、ドライフードと混ぜたり、ウェットフードを餌として与える事をおすすめです。

胃腸への負担が少ない

消化のしやすさからも、ドライフードよりもウェットフード柔らかいため、消化しやすく胃や腸に優しいというメリットがあります。

成犬や老犬では、食欲が落ちてきた時や、病気からの回復期、腎臓病など食欲不振が見られる期間、歯周病など口腔内に痛みがある時に、胃腸への負担も少ないので使いやすいです。

体重管理をする時にも使える

犬用のウェットフードが水分を多く含有しているということは、ドライフードと同じ量を食べても摂取カロリーを低く抑える事ができます。

一般的なウェットフードはドライフードの含まれるカロリーの1/4となっています。

そのため、少量でも満足感を得られるため、ダイエットのために活用するのもアリです。

便利である

まだ乳歯や永久歯が生えそろっていない子犬など、ドライフードを上手に食べられない愛犬に、ドライフードをふやかして与えるのが面倒な時は、開封してすぐ給餌できるウェットフードが便利です。

まとめ

犬の健康の事を考えて若い内には極力ドライフードを与える事が大事です。

理由は

  • 同じ量で比較すると中に含まれる栄養成分が豊富に含まれている
  • 口の中の状態が保たれやすく虫歯になりにくい
  • 噛む力が鍛えられるので健康に良い
  • 値段的に比較的安価である

食べられない場合やご褒美、老犬になって来たらウェットフードを食べさせるをおすすめします

理由は

  • 柔らかいので歯に異常がある場合や老犬となって噛む力が弱くても食べれる
  • 水分を多く含まれているので水分不足を補う事ができる
  • ドライフードより匂いが良いので食いつきが良いから

その時の状態に合わせて適切なドッグフードを選択してあげるようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました