小型犬の飼い方 犬のしつけ

【カロリー計算が面倒な人】ドッグフード計算表と健康セルフチェック方法を大公開!

【カロリー計算が面倒な人】ドッグフード計算表と健康セルフチェック方法を大公開!

自分の愛犬の健康を考えるのであればドッグフードの量を計算する事は重要ですが

正直くわしい計算方法はややこしいので面倒だと感じた方も多いと思います。

そんな方に「カロリー計算表」を一覧でみれるようにしているので、わざわざ計算しなくても見るだけでOK。

また、「犬の体型と体調」から与えるべきドッグフードの量が適正であるかを簡単にチェックする方法も今回ご紹介しています。

一応「どんな仕組みで計算されているか?」と疑問を感じる人のための解説もしているので、「わざわざ計算方法まで知らないで良い!」という方は下記の【1㎏~40㎏までの犬のカロリー計算表】まで読み飛ばしてください。

DER=1日の必要なカロリー量ですが、これを下記の計算方法で求める事が可能です。

「RER(安静時エネルギー必要量)×活動計数」を使って求めます。

RERとは安静時エネルギー必要量であり、「70×体重(kg)の0.75乗」で計算することができます。

これを電卓で計算する場合の方法は

  • 体重を3回掛ける
  • つまり(体重×体重×体重)で計算
  • √を2回押す
  • 最後に70を掛ける

この方法で計算すると「70×体重(kg)の0.75乗」と同じ数値となる訳ですが正直計算するのも面倒ですよね。

さらに計算して出た数字に以下の活動係数を掛ける事で犬の1日に必要なカロリー数を計算できます。

  • 成犬       1.8
  • 去勢・避妊           1.6
  • 老犬       1.4
  • 肥満       1.4
  • 減量中    1.0
  • 安静       0.8~1.0
  • 離乳~3か月         3.0
  • 4か月~9か月      2.5
  • 10か月~1歳        2.0

あたり前ですが、代謝が良い若い犬よりも高齢犬であったり筋肉量が少ない犬とでは必要なカロリーに差があるので、そのための計算です。

もちろん、これらで計算された量が1日に必要なカロリー量という事になりますが、あくまでも計算上の目安になります。

なので実際にその量のドッグフードを与えてみて、犬の体調や体格の変化を見る事が非常に重要ですので、犬の体格をきちんと把握できる簡単なセルフチェック方法も載せているので参考にしてみて下さい。

【1㎏~40㎏まで】犬のカロリー計算表一覧

ドッグフードの量を計算

それぞれの活動係数を減量中1.0、肥満や老犬1.4、去勢済み1.6、成犬を1.8として計算。

カロリー計算表(単位:kcal)

体重減量中・安静時肥満や老犬去勢・避妊済み成犬
1kg7098112126
2kg118165189212
3kg160224256288
4kg198277317356
5kg234328374421
6kg268375429482
7kg301421482542
8kg333466533600
9kg364510582655
10kg394552630709
11kg423592677761
12kg451631722812
13kg479671766862
14kg507710811913
15kg534748854961
16kg5607848961008
17kg5868209381055
18kg6128579791102
19kg63789210191147
20kg66292710591192
21kg68796210991237
22kg71199511381280
23kg735102911761323
24kg759106312141366
25kg783109612531409
26kg806112812901451
27kg829116113261492
28kg852119313631534
29kg875122514001575
30kg897125614351615
31kg920128814721656
32kg942131915071696
33kg964135015421735
34kg986138015781775
35kg1007141016111812
36kg1029144116461852
37kg1050147016801890
38kg1071149917141928
39kg1092152917471966
40kg1113155817812003

この表を参考にした上で、おやつは必要カロリー量の※1/10以下になるように与えると良いでしょう。

※例)10㎏の成犬の場合1日に必要なカロリーが709kalなので、おやつは1日70kalまでという計算になります。

カロリーももちん重要ですが、犬にとって健康的な食事方法や含まれている原材料なども考慮する事が大事です。

こちらの記事でくわしくまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

記事:【完全版】愛犬におすすめなドッグフードの選び方まとめ

犬が肥満傾向ではないか?体型からドッグフードの量が適正かをチェックする方法!

太っている犬

BCS(ボディ・コンディション・スコア)を使用してチェックします。

これの判断基準としては「犬の肋骨と腰のクビレ」ですが

このチェック方法は5段階であり

1:痩せすぎ~5:太り過ぎで簡単にチェックできるようになっています。

上のカロリー量が本当に自分の愛犬にとって適正かを図る指標となりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

BCS3が理想的な体格と言えます。

この特徴として

・犬の上から見ると腰のクビレがなだらかにある

・触ると肋骨が分かる

・お腹は引き締まっている

この体型が健康的な標準的な体型となります

確認する時の注意点として、毛量が多い犬種に関しては見るだけでは分かりにくいので、しっかりと触って確認をするようにして下さい。

「上から見るとクビレがない...」と思っても、実際は毛に隠れているだけという事もありますので。

以下がBCSの5段階評価となりますので、自分の愛犬がどれに当てはまるのかチェックしてみて下さい。

BCS1:瘦せすぎ・背骨、あばら骨、腰の骨など、骨が浮き出ている ・触ると肉付きがない ・くびれが目立つ
BCS2:瘦せぎみ・触るとあばら骨がよく分かる ・くびれが明らか ・腹部の吊り上がりが明らか
BCS3理想的・触るとあばら骨が分かる ・くびれがなだらか ・過剰な脂肪がない ・腹部が引き締まっている
BCS4:肥満気味・脂肪がついている ・あばら骨は触れる ・くびれがほぼない
BCS5:肥満・全体に脂肪がついている ・あばら骨が触れない ・くびれがない ・腹部が垂れ下がっている

犬の便をチェックしていますか?体調をチェック!

犬の体調をチェックしている

便の状態が硬くて量も少ない場合には食事量が足りていない傾向にあり

反対に柔らかくて便の量が多い場合には食事量が多いとされています。

この中間が適正ですが注意すべき点があります。

それは、ドッグフードを変更して間もない時にはどうしても便の状態が変化しやすい事です。

特に変更して間もない時には全体的に緩くなりがちですので、ドッグフードの上げ方を工夫したり変更した後でも数日は様子を見る必要があります。

便が緩いから良くないと判断するのは早計です!

実は良いドッグフードなのにすぐ変更してしまってはもったいないので、くわしい方法が知りたいかたは以下を参考にしてみて下さい。

ドッグフードは1日1回をおススメしない理由を解説!

大体犬を飼っている方は2~3回に分けてドッグフードを与えていると思いますが、1回ではいけないのか?と疑問に思われる方もいると思います。

結論として

  • 空腹の時間が長くなると胃液や胆汁を吐いてしまう
  • 一度に摂取するので胃や腸に負担がかかりやすい
  • 空腹時は血糖値が下がってしまい、食事で一気に血糖値が上昇してしまう

つまり急激に体に負担となってしまう事がおススメしない理由となっています。

子犬や老犬の場合には小まめにドッグフードを与える事も良いですが、成犬で元気な時にはあまり小まめにしない方が良い理由もあります。

健康の事を考えると水分以外は胃や腸は最低でも6時間以上は入れない方が消化器官に負担がかからないので休める事ができるからです。

しかし、成長途中の子犬や高齢犬となると食事量が低下するなどの理由から小まめにわけた方が良いとされています。

他にも犬が長生きできるための健康的な方法についてまとめているので、少しでも愛犬が長生きして欲しいと思われる方は合わせてチェックしてみて下さい。

記事:小型犬の平均寿命と【長生きの秘訣】を紹介!絶対にダメな〇〇とは!?

ドッグフードを早食いさせる事による注意点

犬が早食いしている様子

特に胸が深いドーベルマンなど大型犬などは早食いさせない事が重要です。

胃拡張や胃捻転で最悪死んでしまうケースがあります。

その対策方法として

  • 手で上げる
  • 少量づつお皿に入れる
  • 少量食べたら待てをさせる
  • 早食い防止機能付きのお皿を使用する

これらを利用する事で少量づつ食させる事ができて体にかかる負担を減らす事に繋がります。

人間でもそうですが、早食いは胃や腸など消化器官にかかる負担が大きくなるのと血糖値が急上昇しやすいのであまりおすすめはできません。

なのべく早く治したい習慣であり、お金も掛けずにできるので試してみて下さいね。

以下では腸内環境を意識した食事方法についてまとめているのでぜひ参考にしてみて下さい。

記事:その犬のアレルギー症状...実は腸内環境が原因!?【ドッグフードの与え方】を解説!

【まとめ】

どうでしたでしょうか?

カロリー計算をする事で犬の肥満を回避する事でできて、愛犬が健康でいられるための簡単な方法ですのでさっそう実践してみて下さい。

犬の体型を把握できる簡単セルフチェック方法として

理想的な体型としては

  • 触るとあばら骨が分かる
  • くびれがなだらか
  • 過剰な脂肪がない
  • 腹部が引き締まっている

これを目安にドッグフードの量を調整してみましょう。

ドッグフードは1日2回以上がおススメで理由としては

  • 空腹の時間が長くなると胃液や胆汁を吐いてしまう
  • 一度に摂取するので胃や腸に負担がかかりやすい
  • 空腹時は血糖値が下がってしまい、食事で一気に血糖値が上昇してしまう

などが挙げられます。

これらを実践する事で愛犬の健康を守る事に繋がるのでぜひ行ってみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

-小型犬の飼い方, 犬のしつけ