愛犬の痒い!に悩む「アレルギー性皮膚炎」その原因とおすすめドッグフードを紹介!

アレルギーに良いフード

愛犬の痒い!と悩む「アレルギー性皮膚炎」その原因とおすすめドッグフードを紹介!

アレルギー性皮膚炎はなんと犬にも多く、あなたの犬は最近「かきむしる行動」や「毛が抜けたり」「皮膚がただれたり」といった症状はありませんか?

そんな時の簡単な正しいケア方法は

  1. 皮膚を清潔に保つこと
  2. ドッグフードに含まれるアレルギーの原因を摂取させない

これに限ります

特に、「皮膚炎」「涙やけ」といった皮膚がただれたり、目元が目ヤニで汚れるなどの症状はアレルギーによく見られる症状であり、これらはドッグフードによっても大きく症状が変わる事が多いです。

アレルギー症状が出にくいドッグフードは、消化しやすい原材料が多く含まれている事。です

これらを簡単にまとめると

  • ドッグフードに含まれている原材料に穀物が少ない(小麦粉やトウモロコシが原料となるコーングルテンなど)
  • たんぱく質の原料として肉や魚が多く含まれている
  • 小麦の変わりにお米が使用されている
  • グレインフリーや自然素材といった記載があるもの

これらの条件でドッグフードを選ぶ事でアレルギーの症状が起こりにくくなると言われています。

分かりにくいと思うので以下では

  1. アレルギーの原因
  2. 食物アレルギーの症状
  3. 食物アレルギーを引き起こす原因のグレイン について
  4. アレルギーにおススメなドッグフードを紹介

一つづつ簡単に解説しますので、興味があればご覧ください

犬に多いアレルギー性皮膚炎を引き起こす原因4つ!

まずはアレルギー性皮膚炎の原因として多いのが以下の4つ

  • 花粉
  • シャンプー
  • ストレス
  • 体質に合わない物を食べる

といった場合です。

花粉やシャンプーが原因といった、接触による発症ではアレルゲンに触れた部分にのみ炎症が起こる場合が多く、食事や吸引による場合は体全体に症状がでる事が多いとされています。

しかし、主に症状がでやすい部位としては

  • 目の周り
  • 足の付け根
  • おなか

この3つに発症しやすいです

足の付け根やおなかはちゃんと見ていないと分かりにくい部分なので、普段みていない人はまずはチェックしてみましょう。

食物アレルギーに見られる症状と行動

食物アレルギーがある犬にとって合わないドッグフードを食べた場合の症状として、目や体をかきむしったり、お腹を壊すといった行動が見られます。

これらは犬にとって大きな苦痛となるので、ドッグフードや環境が原因で起こっている場合には、すぐに対処する事をおすすめします。

ちなみに、食物アレルギーのもととなっている原材料(タンパク質)を使用していないドッグフードを与える事が重要となります。

ここで大事な事は、原材料となるタンパク質を、身体が認識できないレベルまで、あらかじめ小さく分解されてるという事です。

え?グレインが入っていないじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、一概にグレインが原因でアレルギーが起こっているという訳ではありません。

食物アレルギーの原因となるグレインって!?

グレインとは?

簡単に言えば穀物のことです。

主にイネ科植物(米、麦、トウモロコシ、キビ)の種子のことを指します。

なので、グレインフリーのフードとは、これらの穀物を含まないドッグフードということです。

穀物は広義の意味では豆類も含まれるため、イネ科植物+豆類も含まないグレインフリーのフードもあり、製品によってばらつきがあるようですが。。。

一方、グルテンは穀物(グレイン)を粉状にして得られるほぼ純粋なタンパク質のことで、主に麦から抽出されたものを指します。

グルテンフリーのペットフードはこのタンパク質を含まないフードということです。

グレインは食物アレルギーが起こる原因?与えない方がいい?

穀物が原因となる食物アレルギーは比較的少なく、アレルギーではない犬と猫にとって穀物は、むしろ非常に優れた食材ともなりえます。

食物アレルギーとは、食物に含まれる主に「タンパク質」に対して体が異物と認識してしまうため起こる反応です。

つまり、タンパク質であればすべてが食物アレルギーの原因になる可能性があります。

愛犬が何が原因でアレルギーが起こっているか検査する方法

しかし、人間と同様で犬によっては穀物が原因ではない場合もあるため、細かい原因が知りたい方は血液採取によるアレルギー検査をする事をおすすめしておきます。

検査料は1万円以上とややお高いですが、明らかに食物アレルギーが疑わしい場合には、何を摂取させるとアレルギー反応が出やすいのかが分かります。

最近ではアレルギーの有無を血液検査で診断することもあるため、疑いのある子は検査を受けたことがあるかもしれません。

検査項目としては、肉類、魚類、穀物、野菜、乳製品などの食品が挙げられています。

犬と猫の食物アレルギーに関して様々な論文を分析した結果、「牛肉や鶏肉などのアレルギーに比較して穀物によるものは少ない」ということが報告されています

穀物はワンちゃんやネコちゃんにとってすぐれた栄養源となることから、穀物に対してアレルギーを持っていない子の食事で穀物を制限する必要はありません。

トウモロコシなどの穀物

 一般に、グレイン(grain)は穀物を指し、グレインフリーとは「穀類を使っていない」こと、 つまりドッグフードにおいては、「小麦・大麦・ライ麦を使っていない」という意味で使われています。

犬の場合は人間とは違ってグレインを消化するのに必要なアミラーゼという酵素をごくわずかしか持ち合わせていません。

安くて大量に入手しやすい食材であるグレイン(小麦)は、ドッグフードの「かさ増し」素材などの理由で使われる事が多いです。

小麦などに含まれるグルテンは、免疫器官を刺激してアレルギーや皮膚疾患の原因となることがあります。

そのため、アレルギーを引き起こさない方法としては

  •         アレルギーのもととなっている原材料(タンパク質)を使用していない食事を与える。
  •         原材料となるタンパク質を、身体が認識できないレベルまで、あらかじめ小さく分解した食事を与える方法。

そもそも犬のアトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下するために起こりやすいです。その皮膚のバリア機能を維持するためには、セラミドが関係します。

その栄養素は、パントテン酸、ナイアシン、コリンなどのビタミンB群とアミノ酸の一種であるヒスチジンの組み合わせが効果的です。

またEPAやDHAなどのオメガ3系不飽和脂肪酸、リノール酸やγ-リノレン酸などのオメガ6系不飽和脂肪酸には、炎症を調整する働きがあります。

これらが含まれているドッグフードを選ぶ事で単に食物アレルギーを引き起こす原材料を与えないという以外に、皮膚を守る事ができるので犬に多いアレルギー性皮膚炎の予防にも繋がります。

食物アレルギー用の療法食

食物アレルギー用の療法食には、大きく分けて2つの種類があります。

1つはアレルゲンと考えられる食材を使っていない食事です。たとえば、タンパク質源を鹿肉・ラム肉・カンガルー・魚といった、今までに食べたことのない新奇タンパク質に置き換えたフードなどが挙げられます。もう1つは加水分解タンパクやアミノ酸を使用した食事です。加水分解タンパクとは、消化酵素などを用いて分解した状態のタンパク質で、免疫細胞にアレルゲンとして認識されにくいという特性があります。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました